ジョブズ、「神」をポケットに届けた男の偉業

振り返れば人間の歴史を覆すほど衝撃的だった

NeXT Software, Inc. を設立してワークステーション開発構想に大きな野望を心に秘めた時代。スティーブ・ジョブス(撮影:小平 尚典)
いまもなお語り継がれる伝説の経営者であるスティーブ・ジョブズの知られざる姿を、若き頃から彼を撮り続けてきた写真家の小平尚典と、あの300万部を超えるベストセラー『世界の中心で、愛をさけぶ』を著した片山恭一がタッグを組んで描く連載。第3回をお届けします(毎週月曜配信予定)。

3 神をポケットに入れて

ジョブズのプレゼンテーションはすでに伝説になっている。製品の売上総額をプレゼンの時間で割った数字から「3分間で100億円を生む」とも言われた。1998年のiMac、2001年のiPod、2007年のiPhone、2010年のiPadと、いずれも見事なパフォーマンスを披露している。

画像をクリックすると公開中の記事一覧にジャンプします

アップルⅡの時代からアップル社のマーケティング戦略を主導し、マーケティングの面でジョブズに大きな影響を与えたといわれるのがレジス・マッケンナである。のちにマイク・マークラの後任社長として、ペプシコからジョン・スカリーをスカウトしてきたのも、ジョブズ自身がマーケティングの弱さを認めていたからだろう。

このとき渋るスカリーを口説き落としたとされる殺し文句が、「一生、砂糖水を売り続ける気かい? それとも世界を変えるチャンスに賭けてみるかい?」というものだ。これはもうスカリーに向けてのプライベートなプレゼンみたいなものである。

「ぼくらはここで未来を創っている」

マッキントッシュに先行するコンピューター、リサのプロジェクトでプログラマーを務めるビル・アトキンソンを引っ張り込むときにも、3時間にわたる説得の最後にこう語ったらしい。「ぼくらはここで未来を創っている。ぼくらと一緒に宇宙に衝撃を与えてみないか?」。会話のなかで発せられる短い言葉が、すでに魅力的なキャッチ・コピーになっている。

同じくリサ・プロジェクトを率いたジョン・カウチをヒューレッド・パッカードから引き抜くときの手管も面白い。カウチの家を訪れたジョブズは、「もしきみがぼくを手伝ってくれたらこれをあげるよ」と言って、新しいアップルⅡのモデルをカウチの3歳の息子に与えた。カウチ自身は入社の要請を断るつもりだったらしい。だが息子はマシンをすっかり気に入ってしまい、約束の日になっても手放そうとしない。「お父さんがアップルに入らないなら、これは返す約束なんだよ」と言うと、「だったら、お父さんアップルに入ってよ」。(斎藤由多加『マッキントッシュ伝説』)

次ページ新しい技術を魅力的なストーリーで語る
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT