イタリア人ならではの「ステイホームの工夫」

発見した「コロナがくれた悪くないこと」とは

イタリア・リグーリア州のリビエラ海岸にある人気のビーチリゾート「アレッシオ」にはびっしりの人混みだ(写真:筆者提供)

「イタリアならではの、ステイホームの工夫とかって、ありますか?」と日本の人からよく聞かれる。パン作り? エクササイズ?と考えてみて、とくにイタリアらしいと思いつくのが「バルコニー越しにご近所の人とおしゃべりしたり、歌を歌ったり、食事を一緒にしたりすること」だ。

同じ並びのお隣としゃべるのではなく、中庭を挟んだ別棟の人や、上下階の人たちが何家族も一緒になって大声でおしゃべりをしたり歌ったりするのだ。もともとイタリア人はそういうことを平気でできる、陽気で人懐こい人たちではあるけれど、ロックダウンで厳しい外出規制が敷かれた3月中旬からの約2カ月の間、人々は寂しくて人恋しくてバルコニーに出た。

スマホやパソコン越しではない生の声を交わしたい、3月の冷たい風もいとわず狭いバルコニーにテーブルとイスを持ち出して、人を見ながら、人を感じながら食事をしたい、そんな人が多かったのだと思う。

そういえば散歩中に出会う人も、満面の笑みで「チャオ!」「ボンジョルノ!」と声をかけてくる人がいつもよりも多かったように思う。本当は挨拶だけでなくて、もっと話したいんだとでもいうように。反対に、目を合わせただけで感染してしまうとでも思っているのか、よそを向いて急いで離れていく、そんな人も多かったけれど。

コロナがくれた「ご近所の再発見」の機会

7月19日現在、イタリアでは感染者数もぐっと減り、新規感染者は219人。死者数は3人と、感染拡大が始まった2月以来の低い数字となり、ほぼコロナ以前と同じ暮らしが戻ってきた。外出はもちろん、EU内であれば自由に旅行にも行ける。つらかったロックダウンの日々を取り戻すかのように、毎日1000人近くの人が亡くなった恐ろしい日々の記憶をなかったことにするように、海や夜遊びで弾けている人も多い。

でもそんな今、ロックダウン中に発見した「コロナがくれた悪くないこと」を忘れたくない、そう思っている人は少なくないはずだ。週1回の買い物で工夫して料理をして食材の無駄を出さないこと、できるだけテレワークにして家族と過ごす時間を大切にすること、などいろいろあるだろう。

「ご近所の再発見」も、そんな1つだと私は思う。

次ページ隣人たちとの関係に変化
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT