コロナ下でのレジャー「比較的安全」の見極め方

感染症の専門医にポイントを聞いてみた

バーベキュー、ピクニック、海水浴……比較的安全なレジャーとは?(写真:Fast&Slow/PIXTA)
緊急事態宣言が明け、経済活動も、個人の活動も本格的にもとに戻ろうとしています。しかし、新型コロナウイルスは、なくなったわけではありません。ワクチンができあがるまで、個々気をつけて過ごさなければ、また「自粛」期間に戻ってしまう可能性もあります。
感染症の専門医で、感染症学会にも所属する、佐藤昭裕先生に、自粛期間があけた今だからこそ気を付けたいことを『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』から抜粋してご紹介します。

 

映画館、劇場、美術館、水族館など、屋内のレジャー施設でも、基本は「手洗い、もしくはアルコール消毒」「マスク」「ソーシャル・ディスタンス」です。

マスクは、飛沫感染を防ぐために必須です。さらに、ドアや手すりなどの共有物に触れる機会が多いので、接触感染を防ぐために、トイレに行ったときだけでなく、マメに手を洗うか、アルコール消毒するようにしてください。

同じ「屋内のレジャー施設」でも、映画館や劇場などとは別物と考えたほうがいいのは、ライブハウスとカラオケボックスです。

これらは、基本的に密閉空間であるうえに、多くの人が集まり、近距離で会話したり発声したりする。つまり「3密」になりやすく、飛沫感染のリスクが高い場所です。カラオケは、マイクに飛沫が飛んでいますので、グループ内でマイクを使い回したり、大きな声を出すことを考えると、感染の危険性は高いといえます。

銭湯やジム、プールは?

では、銭湯やジム、プールはどうでしょうか。

実は、例外的にエボラウイルスは汗に含まれるのですが、その他の大半の細菌、ウイルスは「汗」には含まれないことがわかっています。新型コロナウイルスも、汗からは検出されていません。

つまり、汗からの感染はないと考えていいということです。院内感染対策の面でも、汗は「感染性のある体液」とはみなしません。

次ページ気をつけるべきは「飛沫感染」と「接触感染」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。