自粛解除の今こそ要注意「意外な感染スポット」

専門家が指摘する「避けるべき場所と行動」

日傘や半袖の季節になったが、マスク姿が当たり前に(写真:渋谷のスクランブル交差点、週刊女性PRIME)

世田谷(東京)の有名衣料・雑貨店に行ったら、まだ緊急事態宣言も解除されていないのに、店頭には消毒液もなく、マスク着用の指示もなかったです。店内は密でレジにも行列ができていました。大丈夫なんでしょうか?」(40代の主婦)

緊急事態宣言が各地で次々と解除され、それに伴い店舗の休業要請も緩和して、街に活気が戻っているが、さっそく“ゆるみ”も出てきているようだ。

服の試着で気をつけるべきこと

NPO法人「医療ガバナンス研究所」の上昌広理事長は懸念を示す。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「中国や韓国では、再び新型コロナウイルスの感染が発生して、第2波が懸念されています。屋内ではとくに換気と飛沫、そして手洗いには気をつけるべきです」

どの施設や店舗への要請を解除するかは、各知事が決定するので、ばらつきはあるが、上理事長が注意点を続ける。

「とにかく、“3密”を避ける。ほかの人と2メートルの社会的距離を保ち、マスクをすることですね。また、飛沫とともに、トイレの大便や尿から多数の人が感染しているというデータがあるので、外で使用するトイレは要注意です

店舗のトイレは小まめに掃除されているだろうが、公衆トイレはなるべく避けたほうがいいようだ。

渡航医学が専門の関西福祉大学の勝田吉彰教授も、

「これからはガチガチの自粛生活から抜け出して、コロナと共生していくための新しい生活様式になっていきます。そこを強く認識して、これまで体験してきたことを生かしていくことが大切です」

と語る。東北大学病院・感染管理室の徳田浩一室長も、

「どこへ行くにもマスクはもちろん、ウェットティッシュや、消毒液を持ち歩くこともいいでしょう」

とすすめる。

これ以上、経済活動を滞らせず、日常を取り戻すためには、新しい生活様式が必要だけれど、具体的にはどこをどう気をつければいいのだろうか──。

次ページ衣替えの季節…夏服を買いたいところだけど
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT