外食チェーン各社、コロナ勝敗を占う2つのカギ

復活しやすい会社とそうでない会社の分岐点

新型コロナウイルスの影響を最も強く受けた外食産業。各社の今後の業績回復のカギになるのは……(写真:bedo/iStock)
新型コロナウイルスで大きな打撃を受けた外食産業。今後も外食各社の動向が注目されるが、その際重要となるのは何か。新刊『得する株をさがせ! 会社四季報公式ガイドブック』を上梓した会社四季報編集部が、外食産業の業績の見方のツボを指南する。

外食企業の売上高を左右する2つの要素

長期の休業を余儀なくされるなど、外食産業は新型コロナウイルスの影響を最も強く受けた業界の1つだ。テイクアウト形態へのシフトなど「新しい生活様式」に対応したスキームで復活するか、店舗の改廃でしのぐか、あるいは――。今後明らかになる外食各社の業績から目が離せないが、そのうえでカギになるキーワードは2つある。「既存店売上高」と「FLコスト」だ。

『得する株をさがせ! 会社四季報公式ガイドブック』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

外食企業の売上高の大小は、大きく2つの要素で決まる。1つは新規出店や閉店による店舗数の増減。そしてもう1つは、すでにある店舗の売上高だ。

後者は既存店売上高と呼ばれる。開店から1年以上が経過した店舗の売上高を毎月集計し、前年同月との比較を公表する企業が多い。「6月の既存店売上高は前年同月比102%」といったら、月間売上高が前年の6月と比べて2%増えたことを意味する。

既存店売上高とともに全店売上高を公表する企業も多い。開店したばかりの新店を含めたすべての店舗の売上高を、前年同月と比較したものだ。新規出店が多ければ多いほど売上高は大きく伸びる。

ただ、新規出店した店舗は、物件取得や従業員の採用などに伴う初期費用が重いため、利益を生み始めるまでに時間がかかる。その間にも発生し続ける、店舗の家賃や人件費などの固定費を回収するためには、既存店で稼ぐことが欠かせない。既存店売上高がより重視されるのはこのためだ。

次ページ居酒屋チェーンの鳥貴族を例にとると…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT