「自粛」一色に泣くサイゼリヤ、踏んばる鳥貴族

コロナ騒動下でも分かれる外食企業の明暗

コロナ騒動の余波を受ける外食も一律ではない。サイゼリヤは中国の店舗休業が打撃、鳥貴族は自助努力で健闘している(写真:サイゼリヤは風間仁一郎、鳥貴族は記者撮影)

新型コロナウイルス禍で、街は自粛ムード一色。個々の企業も輸出・内需問わず、かつてない打撃に見舞われている。

そうした中、3月16日発売の『会社四季報』(2020年2集春号)では、全上場企業3778社に対し、担当記者が新型コロナウイルスの影響や企業業績の進捗状況などを総力取材。独自の業績予想を立てている。

前号の1集新春号とまったく異なるのは、今号では記事中に「肺炎」の記述がある企業が663社にものぼったことだ。約5.7社に1社の割合となった。感染拡大が止まらない未知のウイルスを恐れ、消費者に身近な外食企業の業績にも深く影を落としている。

中国の店舗休業が直撃したサイゼリヤとゼンショー

外食不振を象徴する1つが、低価格のイタリアンを国内外でチェーン展開するサイゼリヤだ。国内の店舗では、2019年12月に発売した「アロスティチーニ(ラムの串焼き)」や「田舎風やわらかキャベツのスープ」といった新商品がヒットし、今年1~2月は前年比で既存店客数が3~4%伸びる好調だった。

『会社四季報』(2020年2集春号)は3月16日(月)発売。書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

ただし、サイゼリヤが稼ぐ営業利益のうち約45%は、海外の店舗によるもの。海外で運営する411店舗のうち、上海133店、広州118店、北京80店(いずれも2019年8月末時点)と、大多数の店舗を中国に構えている。

そうした中国の店舗は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて1月下旬の春節以降、大半の店舗が休業に追いこまれた。2月最終週から順次営業を再開しているものの、平常時のような客足は見込めないだろう。「売上高や利益への影響はまだ不明」(IR担当者)とするが、サイゼリヤの業績に急ブレーキがかかっていることは確実である。

また中国で「すき家」412店舗を運営するゼンショーホールディングスも、「グループ全体で国内外約9800店舗あるため、全体業績に与える影響は小さい」(広報・IR担当者)としながらも、2月は約140店舗を休業したうえ、外出禁止令の影響によって営業中の店舗も客足が激減したという。

もちろん、まさに国内で、新型コロナウイルスが強烈な逆風となっている外食チェーンも存在する。ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」などを展開するロイヤルホールディングスである。

次ページロイヤルはファミレス、ホテルの二重苦
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。