松屋が今さら「格安ステーキ店」を出したワケ

いきなり!ステーキより安価で連日の行列

3月にオープンした「ステーキ屋 松」。開店当初は長い行列ができた(記者撮影)

牛丼チェーン「松屋」を運営する松屋フーズホールディングスは3月、東京・三鷹に初のステーキ店をオープンした。店の名前は「ステーキ屋 松」。看板商品の「松ステーキ」は米国産牛肉のミスジを使用し、200グラムで1000円(税込み)と破格の値段設定だ。

「あの松屋がステーキを始める」とインターネット上でも話題になり、開店初日は最大90分待ちとなった。

オープンから2カ月が経った今でも、昼時になると並んで待つ客が発生する。そのため、店の前には整列用のベルトパーテーションが設置されている。連日の盛況の結果、約2カ月間の累計売上高は当初の想定と比べて1.5倍。月商にすると牛丼「松屋」の約2倍になるという。

「女性1人の顧客や高齢者もいる」(同社広報)と、老若男女を問わず幅広い顧客が来店している。全23席がカウンター席だが、郊外という立地もあり、週末には家族での来店もあるようだ。

直接仕入れの強み

ペッパーフードサービスが運営する「いきなり!ステーキ」が牽引役となり、ブーム化して久しいステーキ業態に、松屋フーズが“今さら”進出したのは、その勝算があるからにほかならない。

松屋を展開する同社は、アメリカから直接貿易で牛肉を仕入れる。問屋を介さない取引のため、牛肉の調達価格を比較的抑えることができる。そのためステーキ業態でも他社よりもう一段安く提供することができる、と踏んだ。

実際、200グラムで1000円の「松ステーキ」はサラダバーとスープバーがつくため、1グラムにすると5円を下回る。いきなり!ステーキの看板商品「リブロースステーキ」の1グラム6.9円(税抜き)と比べても、リブより安価なミスジを使用しているとはいえ、安さが際立っていることがわかる。

松屋フーズにとっては、事業の多角化という意味もある。同社は3月末時点で松屋を958店、とんかつ店「松のや」を188店展開している。これら2業態の今後の出店余地が限られてきたこともあり、第3の収益源の育成が求められている。ただ、カレー店や中華料理店を運営しているが、その中ではすし業態「すし松」の8店が最多と、店舗数の拡張はまだできていない。

次ページ店舗網を広げるうえでの課題
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT