住宅購入時に見落としがち「離婚」の深刻リスク

年間20万組超が離婚、決して他人事ではない

住宅ローン返済中に離婚した場合のリスクとは?(写真:ilixe48/PIXTA)

人生は山あり谷あり。長い住宅ローン返済中はさまざまなリスクと隣り合わせですが、中でも深刻だと思うのは「離婚」です。

この連載の一覧はこちら

共働き夫婦の増加に伴い、2人で力を合わせて収入合算(連帯保証・連帯債務)やペアローンの形で住宅ローンを借りるケースも増えていますが、これが大きなトラブルになる可能性も。

今や3組に1組が離婚するといわれ、2000年以降の離婚件数は20万組超で、決して他人事ではありません。

連帯保証の詳細は「本当は恐ろしい『収入合算』の住宅ローンの実態」、連帯債務の詳細は「『収入合算』で家を買うときの見落としポイント」を参考にして下さい。

今回は、離婚と住宅ローンについて掘り下げます。

最善は「売却」

離婚することになり、購入した家をどうするのか考えたとき、いちばんすっきりするのは家を売って整理してしまう方法です。

とはいえ、この方法を選べるご家庭は実際にはごくわずか。買ったときよりも高く売れるとは限らないからです。加えて、以前は頭金を2割用意する必要があったため住宅ローンで借りる額は低額に抑えられていましたが、現在はフルローンも可能となったことから大きなローン残債を抱えているケースが多いことも背景にあります。

次ページ住むところを失ったうえに債務が残る…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT