住宅購入時に見落としがち「離婚」の深刻リスク

年間20万組超が離婚、決して他人事ではない

住宅ローン返済中に離婚した場合のリスクとは?(写真:ilixe48/PIXTA)

人生は山あり谷あり。長い住宅ローン返済中はさまざまなリスクと隣り合わせですが、中でも深刻だと思うのは「離婚」です。

この連載の一覧はこちら

共働き夫婦の増加に伴い、2人で力を合わせて収入合算(連帯保証・連帯債務)やペアローンの形で住宅ローンを借りるケースも増えていますが、これが大きなトラブルになる可能性も。

今や3組に1組が離婚するといわれ、2000年以降の離婚件数は20万組超で、決して他人事ではありません。

連帯保証の詳細は「本当は恐ろしい『収入合算』の住宅ローンの実態」、連帯債務の詳細は「『収入合算』で家を買うときの見落としポイント」を参考にして下さい。

今回は、離婚と住宅ローンについて掘り下げます。

最善は「売却」

離婚することになり、購入した家をどうするのか考えたとき、いちばんすっきりするのは家を売って整理してしまう方法です。

とはいえ、この方法を選べるご家庭は実際にはごくわずか。買ったときよりも高く売れるとは限らないからです。加えて、以前は頭金を2割用意する必要があったため住宅ローンで借りる額は低額に抑えられていましたが、現在はフルローンも可能となったことから大きなローン残債を抱えているケースが多いことも背景にあります。

次ページ住むところを失ったうえに債務が残る…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。