目を背けがち「変動金利」の実は恐ろしいリスク

低金利の恩恵をうまく受けたいが…危険も

ますます活発化しそうな変動金利型ローンの低金利競争ですが、変動金利にはいったいどんなリスクがあるのでしょうか?(写真:studio-sonic/PIXTA)

民間住宅ローンを取り扱う金融機関に対し住宅金融支援機構が行った調査によると、2018年度に住宅ローンを借りた人の約7割が「変動金利型」で、2年連続で増加しています。

理由は言うまでもなく、低金利の魅力です。2020年に入ってからはついに0.3%台の金利で提供する銀行も登場し、変動金利型ローンの低金利競争はますます活発化しそうです。

安いのには訳がある!

“安いのには訳がある”という言葉は、まさにこの変動金利型のローンにぴったりの言葉です。金利変動によって元金にかかる利息は変わるわけですが、金利変動のリスクを金融機関側が負うのがフラット35などの「全期間固定型」で、ローンを借りた側が負うのが銀行などで主流の「変動金利型」です。

この連載の一覧はこちら

「みんなが借りているから」「これまで20年も金利は変わっていないから」という理由で目をつぶり、金利変動のリスクを負うことの怖さに鈍感な人が少なくありません。

そこで今回は、一般的な借り方(元利均等返済)の例で、変動金利型ローンの抱えるリスクにクローズアップします。

次ページ固定と変動の金利差の大きさをチェックしよう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT