目を背けがち「変動金利」の実は恐ろしいリスク

低金利の恩恵をうまく受けたいが…危険も

ますます活発化しそうな変動金利型ローンの低金利競争ですが、変動金利にはいったいどんなリスクがあるのでしょうか?(写真:studio-sonic/PIXTA)

民間住宅ローンを取り扱う金融機関に対し住宅金融支援機構が行った調査によると、2018年度に住宅ローンを借りた人の約7割が「変動金利型」で、2年連続で増加しています。

理由は言うまでもなく、低金利の魅力です。2020年に入ってからはついに0.3%台の金利で提供する銀行も登場し、変動金利型ローンの低金利競争はますます活発化しそうです。

安いのには訳がある!

“安いのには訳がある”という言葉は、まさにこの変動金利型のローンにぴったりの言葉です。金利変動によって元金にかかる利息は変わるわけですが、金利変動のリスクを金融機関側が負うのがフラット35などの「全期間固定型」で、ローンを借りた側が負うのが銀行などで主流の「変動金利型」です。

この連載の一覧はこちら

「みんなが借りているから」「これまで20年も金利は変わっていないから」という理由で目をつぶり、金利変動のリスクを負うことの怖さに鈍感な人が少なくありません。

そこで今回は、一般的な借り方(元利均等返済)の例で、変動金利型ローンの抱えるリスクにクローズアップします。

次ページ固定と変動の金利差の大きさをチェックしよう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT