本当は恐ろしい「収入合算」の住宅ローンの実態

「返済が苦しい」と相談に来る数はかなり多い

「収入合算」でローンを組むときに気をつけなければいけないこととは?(写真:metamorworks/PIXTA)

物件を気に入ったものの、世帯主1人の収入では審査が通らない……そんなときに金融機関から提案される“次の手”が「収入合算」です。夫婦2人分の収入で見てもらえれば借入可能額が増える、という仕組みに惹かれて利用するご家庭が少なくありません。

けれども、後になって返済が苦しいと相談に見えるのは、「収入合算」で借りたケースが圧倒的に多いです。

そこで、Aさん夫婦(年収:Aさん500万円、妻300万円)を例に、「収入合算」の仕組みについて紹介します。「収入合算」には[連帯保証型]と[連帯債務型]の2種類があるため、今回は、[連帯保証型]に焦点を当てて、マネー面のメリット・留意点を整理します。前回の「ペアローン」の記事に関連情報を書いていますので、併せて読んで理解を深めてみてください。

「連帯保証人」には収入があることが要件

[連帯保証型]は、銀行をはじめ多くの金融機関で取り扱われていますので、「銀行で収入合算」というと、ほぼ間違いなく[連帯保証型]といった状況です。夫婦のうち1人が債務者になり、もう1人が連帯保証人になる形で1本のローン契約を結びます。

連帯保証人は、正社員であればOKですが、契約社員や派遣社員ではNGというところもあるので注意が必要です。加えて、連帯保証人の年収について満額で見てくれるところもある一方、50%までというところも少なくありません。

なお、妻の産休・育休については、休みに入る前の給与明細書や賞与証明書、育休・産休期間に関する証明書など、休む期間がわかる書類を銀行などに提出すればOKというところが多い印象ですが、この点も各金融機関で異なります。前もって確認しておくのがおすすめです。

次ページ「収入合算」するとどれだけ多く借りられるのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。