本当は恐ろしい「収入合算」の住宅ローンの実態

「返済が苦しい」と相談に来る数はかなり多い

「収入合算」でローンを組むときに気をつけなければいけないこととは?(写真:metamorworks/PIXTA)

物件を気に入ったものの、世帯主1人の収入では審査が通らない……そんなときに金融機関から提案される“次の手”が「収入合算」です。夫婦2人分の収入で見てもらえれば借入可能額が増える、という仕組みに惹かれて利用するご家庭が少なくありません。

けれども、後になって返済が苦しいと相談に見えるのは、「収入合算」で借りたケースが圧倒的に多いです。

そこで、Aさん夫婦(年収:Aさん500万円、妻300万円)を例に、「収入合算」の仕組みについて紹介します。「収入合算」には[連帯保証型]と[連帯債務型]の2種類があるため、今回は、[連帯保証型]に焦点を当てて、マネー面のメリット・留意点を整理します。前回の「ペアローン」の記事に関連情報を書いていますので、併せて読んで理解を深めてみてください。

「連帯保証人」には収入があることが要件

[連帯保証型]は、銀行をはじめ多くの金融機関で取り扱われていますので、「銀行で収入合算」というと、ほぼ間違いなく[連帯保証型]といった状況です。夫婦のうち1人が債務者になり、もう1人が連帯保証人になる形で1本のローン契約を結びます。

連帯保証人は、正社員であればOKですが、契約社員や派遣社員ではNGというところもあるので注意が必要です。加えて、連帯保証人の年収について満額で見てくれるところもある一方、50%までというところも少なくありません。

なお、妻の産休・育休については、休みに入る前の給与明細書や賞与証明書、育休・産休期間に関する証明書など、休む期間がわかる書類を銀行などに提出すればOKというところが多い印象ですが、この点も各金融機関で異なります。前もって確認しておくのがおすすめです。

次ページ「収入合算」するとどれだけ多く借りられるのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。