本当は恐ろしい「収入合算」の住宅ローンの実態

「返済が苦しい」と相談に来る数はかなり多い

さて、「収入合算」することでどれくらい借入可能額が増えるかを知るには、「審査金利」と「年収負担率」への理解が欠かせません。金融機関がローン審査をするにあたっては、金利上昇によって返済額アップとなってもちゃんと返済していけるかどうかを見るために、高めの審査金利で試算します。審査金利は公表されていませんが、3~4%のところが多い感触です。

年収500万円のAさんが35年返済で申し込むケースでは、融資希望額が3293万円(審査金利4%)~3789万円(審査金利3%)であれば審査をパスできるイメージです。

そして、年収負担率(=年収に占める年間返済額の割合)の上限はローン説明書に記載されていて、年収400万円以上なら多くのところで35%を基準にしています。Aさんなら、年間175万円(=年収500万円×35%)が年間返済額の上限と判断されそうです。

Aさんはいくらまで借りられるのか

あとは、金融機関の借入可能額シミュレーションにアクセスして月額14万5833円(=175万円÷12カ月)で35年返済を金利4%で借りるプランで試算すれば、3293万円が導き出されるというわけです。融資希望額が4000万円という場合は、Aさん1人では手が届かなさそうです。

では、Aさんが「収入合算」で借りる場合はどうでしょうか。債務者の年収の半額まで連帯保証人の収入を加算できるという銀行で借りる例では、年収750万円(=Aさん500万円+妻250万円)で判断し、4940万円(審査金利4%)~5684万円(審査金利3%)まで借入可能額がアップする計算です。

つまり、「収入合算」にすれば、Aさん名義で4000万円の住宅ローンを組むことは、かなり実現しやすいプランであることがわかります。というわけで、以下ではこのプランでマネー面がどうなるか見ていきましょう。

次ページ“もらえるお金”はペアローンより少ない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。