目を背けがち「変動金利」の実は恐ろしいリスク

低金利の恩恵をうまく受けたいが…危険も

「家賃並みで買うつもりだったけど家賃より数万円多くなるプランで借りてしまった」「ボーナス返済を想定外に組み入れてしまった」という人は多いですね。どうしても借りすぎの傾向があるのです。

借りすぎた理由が、「変動金利型でないと希望の物件に届かなかったから」という場合で貯蓄がないご家庭の場合、金利上昇時には逃げ場がなくなってしまう可能性が高いです。そして、借りすぎリスクのほうが金利変動リスクよりもたちが悪いと思うのは、金利上昇の気配がまだ出ていない現段階で、すでに返済が苦しいといった悪影響が出ているからです。

借りすぎを防ぐ方法の1つ

働き方改革によって残業などが抑制されたことにより、収入が減り、住宅ローンを返せなくなった人が散見されています。これで金利がアップしたらと考えるだけでも怖くなります。

借りすぎを防ぐ方法の1つに、「元金均等返済」で借りるという手があります。元利均等返済よりも当初の毎月返済額が多くなるため、住宅ローン審査が厳しくなり、借りすぎを防ぐ効果があります。前述の変動金利型の「3つの特徴」も、実は元金均等返済にすれば適用されません。すべての銀行などで取り扱っているわけではありませんので、気になる方は調べてみてください。

住宅ローンは、いったん借りてしまうと数十年という長期にわたって借り入れ条件に縛られます。そして、1回こけると破綻まで隣り合わせという怖い側面を持っています。借入時にはぜひ、時間を取ってしっかり情報収集して、後悔のないプランを模索していただけたらと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。