「子どもが嫌がる勉強」を続けさせる親の大問題

それは「子どものためじゃなく、親のため」

子どもが塾に行くのを嫌がっているのに行かせようとするのは、実は子どものためではなく親自身のためなのかもしれません(写真:Fast&Slow/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

娘のことで悩んでいます。3歳から塾で3教科習っています。今、小学校1年生になり塾に行くのを嫌がるようになりました。理由は英語が今、中学生のところまで進んでいてかなり難しくなり、音読は順調ですが書くことが嫌になっています。算数も足し算がなかなかわからず、嫌がります、国語はまだ嫌ではないみたいです。
嫌になった原因は、塾のやり方にもあると思っています。3歳の頃から1日3教科を10枚ずつプラス1から100までをノートに書くこと、私も一生懸命でしたから毎日、やらせていました。算数はとくに苦手で苦戦しています。これからどうしたらやる気になるか心配です。
(仮名:進藤さん)

子どもが嫌がることを続けさせる親の心理とは

勉強量に関する相談は全国からたくさんいただきます。その多くは、勉強量が少なくて困っているというものです。その代表的なものは「うちの子勉強しないんですけど、どうしたらいいのでしょうか」というもので、子どもが勉強しないことに対する親の不安を代表するフレーズです。その結果、学校や塾に「もっと宿題を出してください」という人も少なくないようです。

この連載の記事一覧はこちら

一方で、学校や塾の宿題の量が多いとか、プリント学習の量が多くて困っているという進藤さんのような相談もあります。単純に量をこなせば学力が上がると考える先生は、さすがにいないと思いますが、子どもの学力水準と出される勉強量が合っていないことで、子どものキャパシティーを超えてしまうことがあります。

このように考えていくと、進藤さんがおっしゃる「嫌になった原因は塾のやり方にもある」ということを肯定することになりそうですが、実は今回の問題の本質はそこにあるとは思いません。単純に、塾に問題があると考えてしまうと、重要な視点を見失ってしまうことになります。

では、問題の本質とは何か? それは次のことです。

「子どもが嫌がり続けているのに、親はなぜそれをまだ続けさせているのか?」

今回のご相談は学校での話ではなく、塾での話です。塾であれば、親には選択権があります。合わないならやめさせるという選択もあるわけです。つまり、問題の本質は、塾の問題ではなく、親の問題ということになるのです。さらに親のある心理状態が問題の根本であると考えられるのです。

次ページ親の本音は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT