部下からの評価を知りたい上司がしている質問

逆評価はマネジャーの業績向上につながる

部下からフィードバックを受ける「逆評価」の意義とは(写真:ふじよ/PIXTA)

部下を持つ上司にとって気になることの1つは、自分がきちんとマネジャーとして機能しているかどうかではないでしょうか。企業にとっては「360度評価」などを導入しているところもありますが、そうでない場合、部下の真意を知るのは容易ではありません。そこで今回は、人材開発支援会社のコーナーストーンオンデマンド経営陣のブログから、自分の成果や改善点を知るための「部下にしてほしい6つの質問」を紹介します。

職場環境はマネジャーに左右される

同僚や友人と、これまでに携わった最高の仕事について話す際、誰もが口をそろえて言うことがあります。それは、最もすばらしい仕事は、最高のマネジャーと一緒にした仕事であるということです。

この連載の一覧はこちら

これは単なる逸話ではないことが、データにより証明されています。ギャラップ社のレポートによると、マネジャーの良しあしは社員のエンゲージメント変動要因の70%を占めます。また社員の50%は、マネジャーから逃れるために実際に仕事を辞めた経験があります。

マネジャーの影響がこれほど強いのは、職場の環境はマネジャーに左右されるからです。すばらしいマネジャーは、優れた仕事ができるようにチーム全員の意欲を高め、奮起させます。一方で、最適な環境をつくろうと苦心するマネジャーほど、実質的にチームを抑圧してしまう可能性があります。マネジメント能力を高めるには、上司からだけではなく、部下からもフィードバックを得る必要があります。

私は毎年、このプロセス(いわゆる逆評価)を通じてコーナーストーンのマネジャーを指導しています。このプロセスはまず、適切な質問を部下に投げかけることから始まります。「私がより優れたマネジャーになるためには、何をしたらよいでしょうか」という質問は、あまりにあいまいでとりとめがないため、マネジメント能力の向上に必要なフィードバックを引き出すことができません。それに代わるものとして私がモチベーション理論に基づき策定したのが、次の6つの質問リストです。

次ページ自分を評価してもらうための質問とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT