ホームレスは普段どこで何を食べているのか

実態を探ると「貧困ビジネス」の影も見えた

そんな「宵越しの銭は持たない」を地でいく人は、食事に関してもケチらない。コンビニや牛丼屋などで適当に弁当などを買って食べる人が多い。

インタビューをしていると、

「おっし、俺が飯をおごってやるよ」

と言って、飲み屋に連れていかれることもあった。気前よくおごってくれる。ただし、やはり後先はあまり考えていない。泥酔して店には怒られるし、結局お金も足りなくなって僕も出したこともある。

100円ショップで買い物をして自炊するケースも

もちろん、節制しながら、まめに自炊をする人もいた。

生鮮食品も販売している100円ショップで買い物をする人が多い。スーパーや量販店でまとめ買いをしたほうが安くつくかもしれないが、食材を冷蔵庫で保存することができない。

買ってきた食材は、カセットコンロを使って調理をする。

2016年当時、上野公園では3人組でいつも焼き肉をしている人たちがいた。3人で空き缶を集め、3人で食材を買ってきてご飯を作っているという。

「儲かったときには、発泡酒も飲めるんだ」

と言っていた。

あいりん地区の公園に住むホームレスに話を聞いていたら、「ご飯を食べていくか?」と聞かれたことがあった。

暑い季節だったので、小屋の中も暑かった。

「俺は沖縄出身なんだよね。なかなか里帰りすることはできないけど、飯くらいは沖縄の料理を作るよ」

と言って、フライパンで汁なしのソーキそばのような料理を作ってくれた。野菜や肉も入っていて、しっかりした食事だった。

食べてみるとおいしかったのだが、かなり、しょっぱい味付けだった。

「しょっぱいかい? 夏場にホームレスをしてると汗かくからしょっぱくしてるんだよね。クーラーもないからすごく暑いしね」

と陽気そうに話してくれた。

ただ僕は、しょっぱさがなんだか涙の味のように感じられてしまい、少しだけさみしい気持ちになってしまった。

飽食の時代と言われて何十年も経つ。現在、おいしい食事を手に入れるのに、ほとんど苦労しないですむ。

ただし、ホームレスの立場だとそうはいかない。拾うにせよ、施されるにせよ、買って食べるにせよ、大変な苦労がつきまとうのだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。