東京駅で行列する「ロールケーキ店」の正体

駅やサービスエリアで「手土産」として人気

駅やSAのお土産として人気が高まっている、ロールケーキのアリンコ、小石川工場前店舗。洋菓子店のパラディとアリンコの2店及び、昼はカフェ、夜はバー営業を行うBLUE BARも同居している(筆者撮影)

駅やSAでお土産として人気が高まっている

スイーツはまず見た目の美しさで人を魅了し、食べると甘さや食感で心をリラックスさせる。スイーツを食べるひとときは人を幸せにする。だからこそ、古今東西、プレゼントや手土産にスイーツが贈られるのだろう。そんな手土産の1つとして、最近、手土産、ロールケーキで検索すればトップにヒットするぐらい話題となっているのがARINCOというブランドのロールケーキだ。

同ブランドの目玉である、ツヤツヤのグラサージュ(砂糖衣)がかかったロールケーキはまず見た目のインパクトが大きい。それも“驚愕”系ではなく、目を楽しませる癒やし系のインパクトだ。かわいらしい“ありんこ”のイラストロゴと相まって、心に残る。

京都嵐山、東京駅、小石川、舞浜の直営店のほか、主要駅やSAにも出店。店舗によってそれぞれ限定品を設定しており、限定品は他の店舗では手に入れられないという希少性も、同ブランドのプレミアム感を高めている。いったいどんな企業が運営しているのだろうか。

調べてみると、実はスイーツの専門店ではなく、飲食店経営を行うバルニバービという会社。大阪のレストランから始まり、現在は東京・大阪・京都を中心に82店舗を運営する。といっても、チェーン展開ではなく、同じブランドであってもコンセプトやメニューさえ店舗ごとに変えているため、バルニバービという企業のカラーは前面に出ていない。

そのレストラン運営の会社が、なぜスイーツのブランドを展開することになったのだろうか。

「大阪のレストランで提供していたエンゼルフードケーキがお客様に非常に好評で『家でも食べたい』『テイクアウトにしてほしい』というご要望が高かったんです。エンゼルフードケーキはふわふわの生地に生クリーム、キャラメルソースがかかったもので、ショートケーキの形ではお持ち帰りいただけません。それで、ロールケーキになったのです」(バルニバービ 広報担当福地恵理氏)

つまり、クリームなどを生地でくるりと巻き込んだロールケーキであれば、やわらかい生地も、クリームも型崩れさせることなく、持ち帰ることができるというわけだ。

次ページ立ち上げは2007年、あっという間に有名店に
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。