「未成年お断りかき氷」が白金で売られるワケ

バーの運営会社はテイクアンドギヴ・ニーズ

期間限定で“未成年お断り”のかき氷が食べられる「BLUE POINT」(筆者撮影)

“未成年お断り”のかき氷が、9月17日までの期間限定で発売中だ。提供しているのは、港区白金台「プラチナ通り」に位置する、「BLUE POINT」。ハンバーガーやステーキを提供するアメリカンダイニングだ。

大人専用のリッチなかき氷と称する夏限定のメニューは、アルコール入りで、なんと価格が2000円。かき氷にしては相当お高めと思えるが、いったいどれほどリッチなのだろうか。BLUE POINT店長の岡崎貴幸氏は、同メニューについて説明する。

大人しか食べられない高級かき氷

「一般的にかき氷は子どもの食べるスイーツで、低価格というイメージが定着しています。そこで逆転の発想で、大人しか食べられない高級かき氷を作ってみよう、と思い立ちました。材料にこだわって、今まで食べたことがない、そして、ほかではまず食べられないかき氷に仕上げました」(店長の岡崎貴幸氏)

こだわりの第一は、シロップ。コンクール受賞歴もあるという和歌山県産の「KOZUE」というジャパニーズクラフトジンを用いた。

「みかんの皮のような香りで、和を感じさせるやさしい味わいになっています」(岡崎氏)

こだわりの、フィーバーツリー社のトニックウォーターを注ぎかける(筆者撮影)

そしてシロップとともに、氷に注ぎかけるトニックウォーターにも一工夫しているという。カクテルに使われるトニックウォーターは、今は人工甘味料などを用いた商品が出回っているが、もともとは、キナという植物の樹皮のエキスを材料にしている。その天然のキナエキスを用いたフィーバーツリー社のトニックウォーターにこだわった。

最後に、最もマニアックさが表れているのが、かき氷の主役である「氷」だ。

「ベースとトッピングに炭酸氷を使っています。炭酸を含んだ氷で、空気に触れるとパチパチはじけるのが特徴です」(岡崎氏)

次ページ研究に研究を重ねて開発
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。