「未成年お断りかき氷」が白金で売られるワケ

バーの運営会社はテイクアンドギヴ・ニーズ

期間限定で“未成年お断り”のかき氷が食べられる「BLUE POINT」(筆者撮影)

“未成年お断り”のかき氷が、9月17日までの期間限定で発売中だ。提供しているのは、港区白金台「プラチナ通り」に位置する、「BLUE POINT」。ハンバーガーやステーキを提供するアメリカンダイニングだ。

大人専用のリッチなかき氷と称する夏限定のメニューは、アルコール入りで、なんと価格が2000円。かき氷にしては相当お高めと思えるが、いったいどれほどリッチなのだろうか。BLUE POINT店長の岡崎貴幸氏は、同メニューについて説明する。

大人しか食べられない高級かき氷

「一般的にかき氷は子どもの食べるスイーツで、低価格というイメージが定着しています。そこで逆転の発想で、大人しか食べられない高級かき氷を作ってみよう、と思い立ちました。材料にこだわって、今まで食べたことがない、そして、ほかではまず食べられないかき氷に仕上げました」(店長の岡崎貴幸氏)

こだわりの第一は、シロップ。コンクール受賞歴もあるという和歌山県産の「KOZUE」というジャパニーズクラフトジンを用いた。

「みかんの皮のような香りで、和を感じさせるやさしい味わいになっています」(岡崎氏)

こだわりの、フィーバーツリー社のトニックウォーターを注ぎかける(筆者撮影)

そしてシロップとともに、氷に注ぎかけるトニックウォーターにも一工夫しているという。カクテルに使われるトニックウォーターは、今は人工甘味料などを用いた商品が出回っているが、もともとは、キナという植物の樹皮のエキスを材料にしている。その天然のキナエキスを用いたフィーバーツリー社のトニックウォーターにこだわった。

最後に、最もマニアックさが表れているのが、かき氷の主役である「氷」だ。

「ベースとトッピングに炭酸氷を使っています。炭酸を含んだ氷で、空気に触れるとパチパチはじけるのが特徴です」(岡崎氏)

次ページ研究に研究を重ねて開発
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。