ドバイで増殖する「日本のパン屋さん」の正体

高級モールなどで9店舗を展開

現在、アブダビやドバイで9店舗を展開するほど中東で受け入れられている「ヤマノテアトリエ」。開店当初は連日行列ができるほど人気に(写真:ヤマノテアトリエのインスタグラムより)

【2019年4月1日17時00分追記】初出時、ヤマノテアトリエの立ち上げ経緯に誤りがありましたので、改めて関係者に取材の上、内容を見直し、再配信します。関係者の皆さまにお詫びするとともに、引き続き正確な記事の配信を心がけます。

ドバイと聞いて何を想像するだろうか。ヤシの木の形をした人工島や、世界最大級のショッピングモールなど中東きってのリッチな国というイメージを持つ人も少なくないだろう。そんなドバイで快進撃を続けるベーカリーチェーンがある。しかも人気商品はあんパンやクリームパン、焼きそばパンといった日本風のパンだというから興味深い。

そのパン屋、「ヤマノテアトリエ」が1号店を出したのは2013年4月のこと。高級住宅街のアルサパにできたばかりのおしゃれなショッピングゾーンに出店した。その後も、ホテルや金融街、ショッピングモールなど、人が多く集まる場所に店を出し、現在アブダビの2店を含め、9店を展開するまでになった。

材料も日本から仕入れている

ドバイで日本風パン、というとなんとなく「なんちゃって」を連想するかもしれない。が、ヤマノテアトリエのパンは驚くほど本格的と評判だ。パンの種類も豊富でクロワッサンからメロンパン、あんパン、空揚げパンから焼きそばパンまで幅広い(ちなみに焼きそばパンの値段は、15アラブ首長国連邦(UAE)ディルハム=約450円となかなか高額)。

日本のベーカリーに並んでいるのとほぼ同じパンが並ぶヤマノテアトリエの店内。パンダパンも(ヤマノテアトリエのインスタグラムより)

それもそのはず。そもそもヤマノテアトリエの技術は日本人から学んだもので、材料も日本から仕入れているのである。

立ち上げたのはドバイに住む1人の女性、創業者のハムダ・アルターニ氏である。同氏は、子どもの頃から、出張で来日する父と一緒に、日本を訪れた経験が何回もあった。その際、デパ地下のショーケースに並ぶ生ケーキの美しさに感動しており、いつしかドバイでもケーキ屋をやりたいと考えるようになっていた。

その夢に向けて動き出したのは、それから10年近く先のことだ。日本通の父親の知人である日本人男性の助けを借りながら、2007年ごろから日本人パティシエとともに、ケーキのデリバリーを主体としたビジネスを始めた。評判自体は悪くなかったが、ハムダ氏自身の結婚や出産などもあり、店舗を設けるまでにはならなかった。

次ページなぜドバイで日本のパンがウケたのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。