ドバイで増殖する「日本のパン屋さん」の正体

高級モールなどで9店舗を展開

現在、アブダビとドバイで9店舗を展開するほど中東で受け入れられている「ヤマノテアトリエ」。開店当初は連日行列ができるほど人気に(写真:ヤマノテアトリエのインスタグラムより)

ドバイと聞いて何を想像するだろうか。ヤシの木の形をした人工島や、世界最大級のショッピングモールなど中東きってのリッチな国というイメージを持つ人も少なくないだろう。そんなドバイで快進撃を続けるベーカリーチェーンがある。しかも人気商品はあんパンやクリームパン、焼きそばパンといった日本風のパンだというから興味深い。

そのパン屋、「ヤマノテアトリエ」が1号店を出したのは2013年4月のこと。高級住宅街のアルサパにできたばかりのおしゃれなショッピングゾーンに出店した。その後も、ホテルや金融街、ショッピングモールなど、人が多く集まる場所に店を出し、現在アブダビの2店を含め、9店を展開するまでになった。

材料も日本から仕入れている

ドバイで日本風パン、というとなんとなく「なんちゃって」を連想するかもしれない。が、ヤマノテアトリエのパンは驚くほど本格的と評判だ。パンの種類も豊富でクロワッサンからメロンパン、あんパン、空揚げパンから焼きそばパンまで幅広い(ちなみに焼きそばパンの値段は、15アラブ首長国連邦ディルハム=約450円となかなか高額)。

日本のベーカリーに並んでいるのとほぼ同じパンが並ぶヤマノテアトリエの店内。パンダパンも(写真:ヤマノテアトリエのインスタグラムより)

それもそのはず。そもそもヤマノテアトリエの技術は日本人から学んだもので、材料も日本から仕入れているのである。

仕掛けたのは、1人の日本人女性だ。神奈川県茅ケ崎市でコンサルティング会社、「和とわ」を営むサトウ幸枝氏がその人。2006年、22歳の大学生だった創業者のハムダ・アルターニ氏と知り合い、パン屋立ち上げに関わったのだ。

サトウ氏はそれまで、銀行員や秘書、客室乗務員などさまざまな職を経験してきたが、パンや食の専門家だったわけでも、中東ビジネスに強いわけでもなかった。いわば、素人の女性同士が手を組んで、中東を代表する都市でビジネスを成功させた。いったいなぜ、そんなことができたのだろうか。

サトウ氏の強みは、幅広い友人ネットワークを持っていることだった。中東ビジネス事情に詳しい友人やパン職人、パティシエにつながる友人もいた。そのネットワークを介して、ハムダ氏とも知り合ったのである。

次ページなぜドバイで日本のパンがウケたのか
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。