ロシアに初出店した日本のラーメン店の正体

名古屋に本店を構える「フジヤマ55」とは?

「FUJIYAMA55 St.petersburg」オープン当日の12月2日、澤竜一郎社長(前列左から3人目)とスタッフ(写真:55style)

寿司と同様に、世界中で食べられているラーメン。今や日本を代表する食文化となっているが、海外へ進出しているのは、なにも「一蘭」や「一風堂」など有名店だけではない。名古屋・大須に総本店を構え、東海地方を中心に39店舗を展開する「つけ麺・ラーメン フジヤマ55」は、タイやインドネシア、香港、台湾、中国、フランス、オランダに出店している。そして、今年12月、日本のラーメン店として初めてロシア・サンクトペテルブルクに出店した。

世界を股にかける敏腕社長は「ラーメンおたく」

「オープンまでの数日間、ホテルから毎朝歩いて店へ通いました。歴史的建造物が建ち並ぶサンクトペテルブルクの美しい街並みを眺めながら、ラーメンおたくだった僕は今、ロシアにいるんだ!って感慨深いものがありましたね」と話すのは、「フジヤマ55」グループを運営する55styleの代表取締役、澤竜一郎さんだ。

「つけ麺・ラーメン フジヤマ55」を運営する55styleの澤竜一郎社長(筆者撮影)

大須の総本店がオープンしたのは、2009年9月。それまでほかのラーメン店で修業していたわけではない。澤さんは大学卒業後、大手ゼネコンへ就職。高速道路建設の部署へ配属され、岡山県の山奥にある飯場で建設作業員と寝食を共にしていた。週末になると、下山してラーメンの食べ歩きを楽しんでいた。

「就職してからずっと地元には帰っていなかったんです。1997年の年末に帰省すると、実家がラーメン屋になっていたんです(笑)。父はどこかで修業したわけではありませんが、そのラーメンが素朴で美味しかったんです。そこで初めて趣味が仕事になるということに気が付いたんです」

澤さんの父親が営んでいたのは、今でも地元で人気の「中華そば あおい」。昔ながらの中華そばが看板メニューで中高年の常連客も多かった。

次ページ父親がヘルニアに、閉めるか継ぐかの2択
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスマンのための<br>世界史&宗教

世界を深く知るには、歴史と宗教の知識が不可欠です。複雑化するビジネスの羅針盤を、よりすぐりの専門家が伝授します。「四大文明」という概念は否定されているなどの新常識、3大宗教の基本、世界史ベストブックスの超解説などが満載です。