なぜ優秀な人材は「突然」辞めてしまうのか

部下の退職に慌てないための心得とは何か

連載第2回目の今回は「よい退職」のできる組織の作り方を考えます(写真:zon/PIXTA)

企業には年度替わりやボーナス支給時期など、「人の移動シーズン」が必ずある。いわゆる退職者が増える時期である。あなたの会社・部署でも3月末で会社を辞める人がいるのではないだろうか。

退職自体は、企業・個人双方にとってネガティブなことばかりではない。個人の志向と会社の方針にズレが生じたのであれば、我慢を続けるよりも別の道を歩んだほうがお互いにとっていいことも多い。組織としても人の入れ替わりがないと思考の停滞を招くため、一定の新陳代謝は必要だろう。

その一方で「会社からの評価も高い優秀な部下が突然辞意を伝えてきた」と、マネジメントが慌てふためいてはいないだろうか。退職の意思を示されてからでは引き止めるのはほぼ不可能であり、大抵の場合少し退職時期を延長できる程度だ。

また、辞める側も会社やマネジメントとの日頃からの接し方のポイントを押さえることで、お互いにしこりの残らない退職をすることが可能になる。

「よい退職」か「悪い退職」か、見極める

まずは「よい退職」と「悪い退職」について考察を進めてみよう。部下の退職は、組織や自身のマネジメントスタイルを見直す格好の機会かもしれない。

この連載の一覧はこちら

「よい退職」とは、前向きに雇用関係を解消する状態だ。

社員が働くうちに見つけた新しいキャリアの方向性やさらなる高みを目指すために、心から「よい経験をさせてもらいました。お世話になりました」と感謝と希望に満ちた退職だ。

惜しい人材なのは間違いないが、個人の夢や希望を理解していれば、気持ちよく次のステージへ送り出すこともできるだろう。

次ページ悪い退職とはいったい何か
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。