今年こそ「抱負」を実現させる7つのポイント

30歳を過ぎて人は変わることができるのか?

多くの人が自分の何かを変えて人生を変えたいと思っているが、長年続けてきた習慣を変えるというのは容易なことではない(写真:oatawa / iStock)

明けましておめでとうございます。2019年も「コミュ力」という切り口からこの世の中の事象や仕事術などについて深掘りしていきたいと思っています。今年も、よろしくお願いいたします!

そもそも、人は変われるのか?

というわけで、筆者の今年の抱負は何にしようかと思いあぐねていたが、ここ数年、そんなものなど考えていなかったことに気づいた。大体、すぐに忘れてしまうし、簡単に実現できたこともないし……。そんなことを思いめぐらせていたら、今年の1回目にふさわしい壮大なテーマに行きついた。「そもそも、人は変われるのか? 変わってしまうのか?」である。

この連載の一覧はこちら

「抱負」。心の中に抱く決意や計画のことだが、新年にこれを掲げる習慣は日本だけではないようだ。英語では、New Year’s Resolutionと呼び、世界の多くの国で、新年にその年の目標などを掲げる伝統がある。

アメリカ人の2018年の抱負についての調査によると、①お金を貯める(53%)、②やせる(45%)、③もっとセックスをする(25%)、④もっと旅行する(24%)、⑤もっと本を読む(23%)、⑥新しいスキルや趣味を身に付ける(22%)、⑦家を買う(21%)、⑧煙草をやめる(16%)、⑨恋人を見つける(15%)という結果だった。しかし、結果的に、80%の人は1カ月ほどで、あきらめてしまったというデータもある。成功率はわずか8%であるとか、12%だ、という調査もある。

「何かを始める」「何かをやめる」など、長年、続けてきた習慣を変える、というのは容易ではない。特に、「抱負」というものがその言葉どおり、「(決意を)負う」「負荷を伴う」ように、楽なものだったり、快楽を伴うものではないので、なおさらだ。多くの人が自分の何かを変えて、人生を変えたいと思っている。しかし、なかなかそうはいかないのが現実だ。

次ページ人が高い望みを持ってしまいがちな理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。