煩悩を消す「心の大掃除」、簡単2つの実践法

「できなかったこと」に翻弄されないために

この時期に取り組みたい「心の大掃除」を紹介します(写真:Graphs / PIXTA)

今年も残りあとわずか。一年を振り返り「できたこと」「できなかったこと」を思い起こされている方も多いことでしょう。やり切った感のある方も、不全感のある方も、その経験や反省点を生かして、新しい年につなげていきたいものですね。

年末は大掃除の時期ですが、部屋を掃除するのと同じように、心の整理整頓、大掃除もしてみると、新年をより気持ちよく迎えられるはず。そこで今回は、心の大掃除のちょっとしたコツをお伝えしたいと思います。

まずは今年の煩悩を消していく方法を考えてみましょう。「できなかった」ことを、箇条書きにして挙げます。「ダイエットができなかった」「資格試験の勉強ができなかった」「海外旅行ができなかった」という具合に、「○○ができなかった」ということを書き出していきます。

「できなかったこと」は「しなかったこと」

この連載の過去記事はこちら

いくつかの文を書き出したところで、その文の語尾の「○○できなかった」の「できなかった」を「しなかった」に変換します。「ダイエットできなかった」は「ダイエットしなかった」、「資格試験の勉強ができなかった」は、「資格試験の勉強をしなかった」のようになります。それらの項目を読み返してみたとき、どんな感情が沸くでしょうか?

実は、書き出したすべての項目は「できなかった」のではなく「しなかった」だけなのです。もちろん、時間がなかった、おカネがなかったなど、「できなかった」理由が思い浮かぶかもしれません。言い訳をしているかのようで、後ろめたさを感じてしまう方もいるでしょう。

しかし、「○○のせいでできなかった」のは、あなたにとって、そこまでの必要性や情熱がなかったからに過ぎません。どうしてもやりたいことは、何が何でもやろうとするもの。どうしても会いたい人のためなら、どんなに忙しくても、どうにか時間を作るはずです。ということは、できなかったことは、自分自身の中での優先順位が低かったことになります。

次ページその現状打破、本当に必要?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT