勝ち続ける人が実践するたった「3秒」の習慣

「一瞬の選択」を最善なものにするテクニック

決断する際は「本当に最善の選択か」を3秒、自分に問う習慣を身につけよう。それが折れない心を磨くことにつながる(写真:totallyPic/PIXTA) 
 
どんな辛いことがあってもストレスゼロ、傷つくことも、弱音を吐くこともまったくないというような、「鋼鉄のように強い人間」などいない。しかし世の中には、いとも簡単に困難を乗り越え、いつでも「平然」としているように見える人も、確かに存在する。あたかも「スーパーマン」や「ワンダーウーマン」のように。
そんな人は、普通の人とどこが違うのか。困難を乗り越えられる人とそうでない人の差は、わずか3秒の「ある習慣」に秘密があるのかもしれない。たった3秒のその「習慣」の積み重ねが、最終的には大きな力となり、折れそうな心に打ち勝てる「自分」を磨き上げるからだ。誰もが知りたいその「3秒」について、アメリカ国防総省現役官僚、『ペンタゴン式ハードワークでも折れない心のつくり方』著者のカイゾン・コーテが解説する。  
第1回 「瞑想」と「深い呼吸」が折れない心をつくる

芥川小説『蜘蛛の糸』にみる運命の皮肉

私が好きな日本の小説に、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』がある。生前悪事の限りを尽くしたカンダタという人間の話だ。彼は生きている間一つだけ「善良な行い」をしたことがあったが、今は地獄で苦しんでいる。釈迦はその行いへの慈悲から、一本の細い蜘蛛の糸を垂らし、カンダタを助けようとする。しかしカンダタが糸をのぼっていくと、後から救われたい罪人がどんどん追いかけてくる。蜘蛛の糸は弱い。カンダタはとっさに自分が助かることだけ考えた。「糸は俺様のものだ!」と叫んだ途端、糸は切れ、カンダタは再び地獄へと落ちてしまった、というのがあらすじだ。

人生は選択の連続である。しかもその選択は、その都度「瞬時」に行う必要がある。蜘蛛の糸でカンタダが下した選択も、生前の善良な行いも、悪事も、瞬時に下されたものの結果である。その一瞬の選択が最善なものでなければ、往々にして人生は望まぬ方向に突き進んでしまうのである。カンタダが再び、地獄へ戻ることになったように。

最善の選択をできない者は、時として大きな代償を払うことになる。たかが選択、されど選択。何かを選択するまでの、「たった3秒間」に、これからのあなたの人生はかかっている。

しかし、最善な選択とは、時に痛みを伴うものである。そんな中でもおそらくいちばん痛いのは、弱く、みっともない「自分」に向き合わねばならないことだ。カンタダが「糸は自分だけのものだ」と叫んでしまったように、弱い自分から逃げることは簡単だ。しかし、現状を直視できず、周囲をないがしろにして、自分の都合だけを優先する選択をしようとすれば、自分の中の弱さ、醜さに一生後悔することにもなりかねない。

次ページ理想は竹のような心
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT