「何があっても折れない力」を身につけよう

ストレス状況をどう克服していくか

ストレスに溢れた社会をどのように乗り切るべきでしょうか(写真:MM4 / PIXTA)
最近、話題に上ることの多い「レジリエンス」という言葉。日本語では、「抵抗力」「復元力」「耐久力」などと訳される。世界のレジリエンス研究家とともに研究を深め、啓発活動を行ってきた枝廣淳子氏が、このたび『レジリエンスとは何か』を執筆した。
かつてないほどレジリエンスの力を必要とする私たちに向けて、どのように考え、いかに取り組めばよいか、を解説する。最終回の今回は、「何があっても折れない力=レジリエンス」を、自分の人生や暮らしに採り入れるための方法についてお話ししましょう。

ストレスがあることを前提に

『レジリエンスとは何か』の出版を記念して4月28日(火)に出版記念セミナーを開催します。レジリエンスの考え方や高め方について、レジリエンスに関わるゲストを交えてのトークを予定しています。お問い合わせ、お申し込みは、幸せ経済社会研究所まで

前回は災害などを想定したレジリエンスの話をしましたが、「人のこころ」を扱う心理学の分野でも「レジリエンス」という概念が注目されています。

トラウマ体験やストレス状況など、同じネガティブなできごとに直面したとき、それで心がぽっきり折れてしまう人もいれば、しばらく落ち込んでいたとしても、そのあと立ち直って、場合によっては、前よりもたくましく強くなる人もいますよね? 

ストレス状況は同じだとしても、人によって反応やその後が違うとしたら、その違いを生み出すものは何なのでしょう? この違いを生み出す「何かあっても立ち直れる力」が、人のこころの「レジリエンス」なのです。

次ページ私はこのままがいい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT