1日3分でメンタルを強くする方法ベスト3

「自主トレ」でメンタルを鍛えた筆者が語る

メンタルは鍛えることができます!(写真:xiangtao / PIXTA)
メンタルが弱いと内心気にしている人は少なくないものです。しかし、それは生まれ持った性質で、変えることはできないものなのでしょうか。
外資系企業のシニア・プロジェクト・マネジャーとして、200人のメンバーを抱える木部智之氏は、「メンタルは変えられる」と断言します。そこで今回は、木部氏に「メンタルの強化法」について語ってもらいます。
※過去記事:仕事が速い人がやっている「スゴ技」ベスト3

メンタルだってスキルのひとつ 

自分はメンタル面に課題がある、と思っている人は多いのではないでしょうか。そして、周囲のメンタルが強そうな人を見て、自分には絶対にまねできない、とあきらめてはないでしょうか。生まれながらに強いメンタルを持っている人もたまにはいますが、実は、周りからメンタルが強いと思われている人でも、本人にはその自覚はなく、むしろメンタルが弱いと気にしていることも意外と多いのです。

私は現在、200人のメンバーを抱えるチームのリーダーをつとめており、日々、ストレスとプレッシャーと対峙しながら仕事を行っています。周囲からは、平然としているように見えるらしく、「メンタル、強いね」と言われることもあるのですが、自分ではまったくそうではないと思っています。

実際に若い頃からメンタル面で悩みながら仕事をしてきました。入社3年目で10人ほどの小さいプロジェクトのプロジェクトマネージャーを任されましたが、そのときは日々、胃の痛い思いをしていました。

しかし、それから10年経った今では、それくらいの規模では特にプレッシャーを感じることはないですし、200人規模の大きなチームに対するプレッシャーともうまく付き合えるようになりました。

それはなぜか? 

メンタルをスキルとして強化してきたからです。

はっきり言います。メンタルもスキルのひとつです。プレゼンテーションや資料作成といったビジネス・スキルと同様に、学んで習得していくものなのです。

次ページ筆者が実践してきた3つの方法
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT