女子のコミュ力は本当に男性より高いのか

順天堂大学医学部の入試不正問題を考える

そもそも男女ではコミュニケーションの「スタイル」に違いがあるという。いったいどんな違いがあるのか(写真:kikuo/PIXTA)

順天堂大学医学部の入試で、女子のコミュニケーション能力が高いという理由から、面接で不利になる男子の点数を補正した、と12月10日に会見を開いた問題で、多くのメディア報道の見出しに「コミュ力」という言葉が躍った。

約4年前、この「コミュ力は鍛えられる」の連載を始めた当初、「コミュ力とは何だ」「なんでも略せばいいもんではない」というお声をいただいたことを思い出し、筆者は妙な感慨を覚えた。「コミュ力」という言葉もずいぶん市民権を得たものだなという思いと、順天堂大学側の説明の不可解さへの釈然としない気持ちが入り混じる一件だった。

「コミュ力」は男女どちらが高い?

というわけで、筆者も「コミュ力」研究家を名乗る立場上、この問題に切り込まざるをえないだろう。「はたして女子のコミュ力は男子より高いのか」。結論から言ってしまえば、「決してそうは言い切れない」ということになる。実はこのお題、古くから欧米の研究でもさかんに議論がされており、諸説入り混じっているのが実情なのだ。

この連載の一覧はこちら

これまで多くの研究者が、女子のほうが男子よりも優れた言語能力を持っているという説を唱えてきており、例えば、ノースウェスタン大学の研究では9~15歳までの男女の脳の動きを分析。言語処理に関する脳の部位は女子のほうが活発に働いているなどとして、生物学的な違いが能力の差に結びついていると結論づけている。

ただ、この男女の脳に違いがあるという考え方も賛否両論あり、違うという研究者もいれば、あまり変わらないという研究者もいて、実は確定的な結論は出ていない。たとえ違っていても、それがどういった行動などにどういう違いを及ぼすのかといったことも明らかにはなっていないのである。

そもそも「コミュ力」というものが、読む、書く、話すを包含する極めて幅広いものだけに、全体として女子のほうが高い、などと言い切るのはやはり暴論なのである。一方で、男女のコミュニケーションについては、どちらかが優れていて、どちらかが劣るというよりは、その「スタイル」が違うという考え方は衆目が一致するところだ。

例えば、先日、NHKの人気番組『チコちゃんに叱られる!』で「なぜ、オジサンはオヤジギャグが好きなのか」というテーマが取り上げられた。答えは連想記憶力が上がっていくと同時に、感情をコントロールする脳の前頭葉の機能が衰え、理性のブレーキが利かなくなるからだ、というものだった。一方で女性は言葉を聞いてもその語感よりも意味にフォーカスするため、おばさんギャグはあまり一般的でないのだという。

次ページ男性のウケ狙いは“ある”欲求がある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。