「東大女子」が自ら選択肢を狭めてしまう理由

偏差値至上がつくりだす学歴上昇婚思想

東大女子には選択肢が増えることによる葛藤が生まれる(写真:リュウタ / PIXTA)

「男子だらけでゾッとした」

地方出身で東京大学に通う川上純子さん(仮名)は、入学後、初めて東大で授業を受けたときの印象をこう語る。

なぜ東大女子の7割は東大男子と結婚するのか?

「将来は一応働きたいなと思っています。法学部なので法曹を目指すことになると思います。子どもは、まだわかりません」

すでに将来を見据えている。しかし将来を語るとき、その表情には一抹の不安があることがうかがえる。

「もし子どもができたなら、やっぱり旦那さんにも育休を取ってもらいたい。子どものお世話とか、やってみないとつらさがわからないと思うので、そこらへんはフェアにいきたいなって思っています」

「フェアにいきたい」と言いながら、その大前提として、自分が主に育児を担うというニュアンスが感じられる。それを指摘する。

「あぁ〜」

川上さんがハッと表情を変えた。

川上:つまり、私は仕事第一じゃないけれど、旦那さんは仕事第一という前提で話しているということですね。

おおた:そうだよね。そしてその両立を、自分が背負わなければいけないという暗黙の前提があるかもしれないよね。

川上:あぁ〜、そう思ってました(笑)。

おおた:たとえば川上さんが将来若くして大企業の顧問弁護士になったりでもしたら、普通のサラリーマンの給料よりも多く稼ぐことだってありうる。それなら当然『私が仕事を続けたほうが経済的に合理的じゃん』ということになる。

いままでそんなことはまったく想定したことがなかったのだろう。川上さんは目をまんまるに見開いている。

次ページ東大女子は扱いにくい?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。