予防接種しても感染する「インフル」への対処 日常生活での予防は手洗いとマスクが重要

拡大
縮小

インフルエンザ「ワクチン」について

毎年、そのシーズンに流行すると予測されたウイルスを選定し、A型2種類とB型2系統による4価ワクチンが供給されます。接種から効果が現れるまで2週間程度かかるため、12月の流行前に接種することが大切。ワクチンの効果は半年程度続きます。

インフルエンザの「型」とは

インフルエンザウイルスは、A型、B型、C型に大きく分類されます。このうち大きな流行の原因となるのはA型とB型です。 近年、国内で流行しているインフルエンザウイルスは、A (H1N1)亜型、A(H3N2)亜型(香港型)、B型(2系統)の3種類です。このうち、A(H1N1)亜型のウイルスは、ほとんどが2009年に発生したH1N1pdmウイルスです。

A(H1N1) 亜型のウイルスの中でも、2009年より前に季節性として流行していたもの(Aソ連型)は、2009年のインフルエンザ(H1N1) pdm2009ウイルス発生後は姿を消しました。

(出典╱厚生労働省ホームページ「インフルエンザQ&A」)

覚えておきたいインフルエンザの予防策

●ワクチンを接種する

(イラスト:毎日が発見ネット)

インフルエンザワクチンは、感染を100%防げるものではありませんが重症化予防として重要です。かかりつけ医などに相談した上で11月頃に1回の接種を心掛けましょう。

次ページ外出後や食事前に手洗いとうがい
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT