予防接種しても感染する「インフル」への対処

日常生活での予防は手洗いとマスクが重要

インフルエンザ「ワクチン」について

毎年、そのシーズンに流行すると予測されたウイルスを選定し、A型2種類とB型2系統による4価ワクチンが供給されます。接種から効果が現れるまで2週間程度かかるため、12月の流行前に接種することが大切。ワクチンの効果は半年程度続きます。

インフルエンザの「型」とは

インフルエンザウイルスは、A型、B型、C型に大きく分類されます。このうち大きな流行の原因となるのはA型とB型です。 近年、国内で流行しているインフルエンザウイルスは、A (H1N1)亜型、A(H3N2)亜型(香港型)、B型(2系統)の3種類です。このうち、A(H1N1)亜型のウイルスは、ほとんどが2009年に発生したH1N1pdmウイルスです。

A(H1N1) 亜型のウイルスの中でも、2009年より前に季節性として流行していたもの(Aソ連型)は、2009年のインフルエンザ(H1N1) pdm2009ウイルス発生後は姿を消しました。

(出典╱厚生労働省ホームページ「インフルエンザQ&A」)

覚えておきたいインフルエンザの予防策

●ワクチンを接種する

(イラスト:毎日が発見ネット)

インフルエンザワクチンは、感染を100%防げるものではありませんが重症化予防として重要です。かかりつけ医などに相談した上で11月頃に1回の接種を心掛けましょう。

次ページ外出後や食事前に手洗いとうがい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT