杉原教授が語る「錯視」―不思議な世界の秘密

ベストイリュージョンコンテストで3度優勝

「錯視」で世界ナンバーワンの杉原厚吉教授。イリュージョンの国際コンテストで3度目の優勝を果たした(撮影:今井康一)
10月に本コラムでご紹介した世界の「杉原錯視」(「『錯視』世界一!杉原厚吉教授の『不可能立体』」)は読者の皆さんにたいへんご好評をいただいた。その直後に、杉原錯視は国際的な錯視コンテストで今年も優勝し、通算で優勝3回・準優勝2回の快挙となった。そこで今回、筆者・蟹分解が、作者の明治大学特任教授・杉原厚吉博士に記念のインタビューを行った。

 

――杉原錯視は、どうやって不思議な現象を作り出しているのですか?

数理科学を応用して、「ありえない」立体を作っています。立体を片目で見るか、カメラで撮れば、平面画像が得られます。平面画像の基となる立体は、数理的には無数に存在しますが、人間はその中の1つの形に決めて認識します。その際には、3方向の平行線だけから構成された立体を「直角立体」であると誤認しやすいなどの特性があります。それを利用し、人間の脳が形を誤認するように計算した立体を作るのです。

――なぜ、脳はさまざまな角度を、直角だと認識したがるのでしょうか。

この連載の過去記事はこちら

難しい問題です。文明社会には、人工物による直角が多くあり、「直角を好む」ことに有用性があります。では、人工物のない社会はどうか。

先端数理科学インスティテュートの人類学の研究者に頼んで、アフリカの狩猟民族に「不可能モーション」(後述)のビデオを見てもらい、同様の錯覚が起きることを確かめました。

ところが、その人たちも、近年は半年ぐらいは都市で暮らしていることが判明したので、結論は出ませんでした。動物はどうか実験したいところですが、動物に聞くのは難しい。ただ、動いて見える静止画など、直角以外の錯覚について、動物にも生じるとの研究結果が出始めています。

――杉原錯視には多くの「世代」があるんですね。

はい。進化を続けています。これまでの9世代を説明しましょう。

「錯視」は9世代まで進化発展

第1世代「だまし絵立体」:平面画に、エッシャーの無限階段のような「だまし絵」があります。コンピュータによる画像認識を研究していて、だまし絵の中に、実際に立体で作れるものがあると気づきました。無限階段や四角柱がよじれてつながる「ペンローズ四角形」などを作成しました。(※以下、作品写真はいずれも杉原教授提供)

次ページ不可能立体をどうやって作るのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。