杉原教授が語る「錯視」―不思議な世界の秘密

ベストイリュージョンコンテストで3度優勝

第8世代「鏡映合成変身立体」:鏡の上に載せると、別な形をした「下半分」が映る立体です。立体そのものはスペード、ハート、クラブ、ダイヤを、半分に切った上部だけの立体なのですが、鏡に載せると、下半分が映って完全な図形に見えます。ダイヤはもともと上下対称ですが、ほかのものは、鏡映が違う形に見える変身立体の技法を使って実現しています。

第9世代は「3方向多義立体」で、これが、10月に発表された国際コンテストの優勝作品です。立体ではなく、平面の絵に、ピンと旗が立っているものです。背後に鏡を2つ立てて、3方向それぞれから、異なる立体図形に見えるように作ってあります。あえて遠近法を使わず、3方向の平行線で図形を描いているのも錯視を生むポイントです。

原理に基づく部分と未解明の部分がある

――今回優勝されたのは、どういう国際コンテストでしょうか。

正式にはBest Illusion of the Year Contestと言います。錯視は、視覚の極端な振る舞いと言え、目の仕組みを調べる研究に手段を提供してくれます。そこで、アメリカ神経相関学会が、錯覚の「新作」の発見を奨励しようとコンテストを行っています。ファイナリスト10人の選出は、専門家が新規性を評価して行い、これを通ればアカデミックな業績と認められます。

その後、1~3位の決定は、面白さや美しさなどを考慮し、一般の人の投票で行います。以前は決勝戦をフロリダの舞台で行っていましたが、最近はWeb上だけになりました。舞台でのプレゼンは、「欽ちゃんの仮想大賞」のようなノリで、過去、私のジョークが大うけした経験もあり、なくなったのは少し残念です。

――錯視研究を事故防止や渋滞対策に応用する例を教えてください。

日常で多い錯覚に、坂道の傾きの誤認があります。原理的には「不可能モーション」と同じです。運転中、下り坂を認識しないと事故の原因になり、上り坂を認識できなければ渋滞の原因になります。この錯覚の発生地点はわかっていますが、対策にはまだ課題が残ります。

「速度低下に注意」などの看板は設置済みですが、文字情報は脳に届くのが遅いのです。より視覚に訴えることを狙って、トンネル内で、壁に水平な線を描いて上り下りを認識させるシミュレーション実験をしましたが、個人差が大きく逆効果になる人もいて、まだ解決していません。道路の構造を変えてしまえればいいのですが。

次ページ「数学は役に立つと知ってほしい」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT