杉原教授が語る「錯視」―不思議な世界の秘密

ベストイリュージョンコンテストで3度優勝

第4世代「透身立体」:鏡に映すと、下半分が消えてしまうといった立体です。この場合下半分は、平面に書いた絵なのですが、ある視点では立体に見え、別な視点では、上の立体にすっぽり隠れてしまいます。平面の絵に描かれたいくつもの平行四辺形が、長方形を斜めに見たものと認識され、立体だと思わせています。両眼で見ると実際は平面とわかります。

第5世代「トポロジー攪乱立体」:図形のつながり方をトポロジーと言いますが、これは鏡に映したとき、そのトポロジーが変わる立体で、2つの円が、視点によって離れて見えたり重なって見えたりします。第1の視点からは離れて、第2の視点からは接触して見えるように、2つの立体を高さを違えて並べています。さらに、ただ接触しているのではなく、交差していると見間違う形にしてあります。脳は、円も大好きですから、円弧が接触して見えると、つながった円だと思うのです。

第6世代は「軟体立体」:これは右向きの矢印ですが、このように180度水平に回転しても、しつこく右を向いています(動画はこちらです)。

原理は変身立体と同じですが、これは鏡なしでも、回転することで錯視が楽しめます。鏡に映せば左を向いた矢印に見えます。視点を動かすにつれ、形が変形していくように見えるので、軟体立体と名付けました。

第7世代「高さ反転立体」:これは、立体の下段に乗っていたはずのニワトリが、鏡で見ると、上段に移動しているものです。実は、全体が平面に描いた絵です。絵ですから、鏡に映せば反対側に移るのは当たり前ですが、平行四辺形を長方形と見せかけるテクニックで、絵ではなく立体だと思わせています。それぞれの平行四辺形について、長方形に見える視点方向が限定されますので、すべてがうまくそろう一方向から見たときに錯視が生じますが、視点をすこし動かすと消えてしまいます。

次ページ今年の国際コンテストの優勝作品とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT