杉原教授が語る「錯視」―不思議な世界の秘密

ベストイリュージョンコンテストで3度優勝

――ご著作には、さいころが歪んでいた場合の確率計算など、クリエーティブと言いますか、類例のないオリジナルな研究が多いと感じました。

そうかもしれません。本を書くときは、「自分にしか書けない本を書く」ように心がけています。昭和23年(1948年)の生まれで、日本は加工貿易で立国すると教えられた世代です。子供の頃からモノを作ろうという思いがあって、工学部に進むつもりでした。工作は得意で、中学の発明コンテストで自動記録雨量計を作って岐阜県から表彰されたりしました。数学パズルも好きで、ある問題を自力で解いて、教わってはいないのですが「これは二進法の原理だ」と先生に言われたのを覚えています。

――最近のAIの進歩をどうご覧になるか、教えてください。

深層学習など、学習機能による発展が主流になっています。すばらしいことですが、人間と同じように学習させれば、人間と同じ錯覚を起こすようにもなるでしょう。答えは出せても説明できない、ブラックボックス化の問題もある。機械の持つよさは生かし、人間のまねをしてほしくないところは、しないようになってほしいですね。

視覚心理学に数学を持ち込んだことの斬新さ

――数理が「役に立つ」ことを多くお示しいただいていますが、錯覚はそれ以前に好奇心を刺激します。

そうですね。私が研究を始めたのも、自分が面白いという好奇心からだったと思います。ただ、やってみて実感するのは、錯覚は皆に楽しんでもらえることです。ボロノイ図や計算幾何もたいへん面白いのですが、一般の人に理解してもらうのが難しい。錯覚なら誰でも不思議さに驚いてもらえる。そうすると、もっと驚いてもらおうという気になりますね。

――今後の研究の方向性を教えてください。

心理学や脳科学の分野の研究者から、共同研究のオファーがあります。脳のどこの部位が反応しているかの研究や、なぜ「直角が大好き」なのかのさらなる研究などがあります。錯覚は伝統的には視覚心理学の分野で、そこに数学という新しい手法を持ち込んだところが、興味を呼んでいるのだと思います。

後記:明治大学先端数理科学インスティテュート所長、東大名誉教授、国際コンテスト優勝多数といった肩書のイメージと異なり、とても温かなお人柄で、素人質問にも懇切丁寧なご説明をいただきました。「理解が深い人ほど説明が平易」という手本を見るようでした。このインタビューを通じ、杉原先生の魅力の一端を皆様に知っていただけたらと思います。先生のますますのご活躍と、日本中に杉原錯視が知れわたることを祈念します。(杉原教授のホームページではほかにもさまざまな作品を見ることができます)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT