「歩きスマホの突進」を放置するのは限界だ

「敵を知り己を知る」で危険回避できるか

「歩きスマホ」によるぶつかり事故は頻発している(写真:EKAKI / PIXTA)

スマートフォン(以下、スマホ)を閲覧または操作しながら歩く人が多い。「歩きスマホ」という造語はすでに定着した。英語では、スマホゾンビ(smartphone zombies)というが、その前屈姿勢をイメージすると、言いえて妙と思える。

この連載の過去記事はこちら

さて、愛知工科大学の小塚一宏教授の研究によると、スマホの画面を見ながら歩いている人の視野は、通常の5%という(NTTdocomo作成の動画「もしも渋谷スクランブル交差点を横断する人が、全員歩きスマホだったら?」)。ならば、歩きスマホによる事故は頻発していそうに思える。

東京消防庁の救急搬送のデータを見てみよう。2016年度の日常生活による事故救急搬送は13万1925件である。うち主要な事故形態は、「ころぶ」7万3510件、「落ちる」1万6300件、「ぶつかる」7756件などだ。このうち、「歩きスマホ等に係る事故」とされるものは58件で、0.05%に満たない。

しかし、この数値をもって、歩きスマホの事故頻度は低いと考えるのは、妥当でない。上記統計は、救急車で搬送されるほどのケースであり、歩いている人がぶつかっても、ほとんどの場合、救急車を呼ぶ事態にならないからだ。軽微な事故が多発している可能性がある。

ぶつかり事故は頻発、ときに重篤な事故も

MMD研究所「2016年歩きスマホに関する実態調査」によると、「歩きスマホをしている人が原因でぶつかったり、ケガをした経験がありますか?」という問いに対し、実に18.8%が「ある」と答えている。アンケート調査の正確性は、議論の余地があるとしても、2割弱という数値は、これが国民的な問題となる可能性を示唆している。

また、軽微な事故が多いといっても、すべて軽微なわけではない。「ぶつかる」事故類型の場合、相対的に軽微ですむ確率は高いといえようが、「落ちる」場合は、階段から転げ落ちる、駅のホームから転落するなどの事例が生じている。この場合、被害は軽微とは言いがたい。

まとめると、重篤な事故は相対的には少ないが一定頻度で生じており、また、軽微な衝突は頻発していると見てよかろう。

さて、次に、利用者の意識はどうか。アンケート(電気通信事業者協会)によると、歩きスマホは「危ないと思う」人が96%に上る。その一方、自ら「することがある」と答える人が49%と約半数いる。危ないと思っているが、自らやっている。この、一見矛盾する意識が、この問題の1つの本質である。なぜ、このようなことになるのだろうか。

次ページ歩きスマホをしてしまう理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT