「理屈を言うな!」と叱責する上司への対処法

理と情ではどちらが強い?それはなぜ?

聞く耳を持たないボスは多い(写真:鈴木雅博 / PIXTA)
誰しも他人の言動や組織の意思決定について、これは不思議だ、納得がいかない、と思ったことは多いはず。しかし、人間の本能を理解すると、疑問は氷解するかもしれません。
動物行動学の研究歴三十余年、同時並行的に大手金融機関に勤務した筆者が、「本能」と「進化」の観点からそうした疑問を解明します。原則、第1水曜日、第3水曜日に掲載します。

 

上司に意見を述べ、「それは、理屈だ!」と叱責されたことがある。

蟹分解さんによる新連載、1回目です

そのときは損益を論じていたので、理屈を用いざるをえなかった。無茶を言うな、と上司を批判したくなったが、そう片付けてよいか。実は事は簡単ではなく、考察を要する。

こう断じた上司は、当然、理屈を重視していない。この人は、結論に納得できぬ、説得などしてもダメだ、と宣言している。ここでは、上司の言い分が正当か、あるいはパワハラか、などは別にして、現実にこのような態度をとる人が多いこと、さらに、誰しも理屈では納得しないときがあることを、事実として認め、対応を探ることにしたい。ではどうするのがよいか。

その前に、「必殺の起承転結話法」と名付けられている、部下の苦情への対応術を紹介したい。部下が思い詰めた表情で面談を求め、綿々と苦情を述べたとしよう。たとえばこうである。

正論よりも「共感のあるゼロ回答」が好まれる

「同僚のAさんは本当に許せません。彼女がいるだけで不愉快です。あんな人と一緒では仕事は無理です。私の重要な仕事が阻害されては困るので、早くAさんを辞めさせてください」

こう言ってくる人に対して、「Aさんも必要な人材である。なぜなら……」とか、「物事は客観的に判断する必要がある。Aさんの言い分も聞き、よく考えて解決策を考えよう」といった、いわば正論で説得しても、効果はない。みるみる険悪な雰囲気になるだけである。

では、起承転結話法を用いてみよう。この話法はモノローグである。

起:「なるほど、それはよくわかる」と入る。

承:「俺も、できればそうしたい」と踏み込む。この後、深く悩んだ表情で20秒の間(ま)を取る。一対一の会話で20秒は長い。この間が、実はいちばん肝心である。

転:「だが、どうしても、そうはいかないんだ」と向きを変える。

結:「ここはひとつ、現状で我慢してくれ」と締める。

これは何であろうか。内容はゼロ回答で、しかも何の理由も示していない。にもかかわらず、驚くことに、この話法に説得力はあって、効果は先述の正論に勝る。なぜか。

次ページなぜ理知は感情に勝てないのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。