米朝会談「中止書簡」は極めて自然な交渉術だ

書簡に込められたメッセージとは?

米朝首脳会談をキャンセル。トランプ流交渉術の行方やいかに(写真:REUTERS/Kevin Lamarque)
本記事は第1・第3水曜日にコラム「ソロモンの指輪〜『本能と進化』から考える」を書いている蟹分解さんによる番外編です。

 

5月24日、ドナルド・トランプ米大統領は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に、6月12日にシンガポールで行う予定だった米朝首脳会談を見送る旨を記した書簡を送達した。

トランプ大統領が金委員長に宛てて送達した書簡(写真:ロイター)

この書簡の構造とは?

公表された書簡をみると、そこには様々な内容が混ぜ合わさっている。好意を示すフレーズ、敵意を示すフレーズ、客観的に情報を伝えるフレーズがブレンドされているのだ。

次ページどのようなフレーズがあるのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。