米朝会談「中止書簡」は極めて自然な交渉術だ

書簡に込められたメッセージとは?

米朝首脳会談をキャンセル。トランプ流交渉術の行方やいかに(写真:REUTERS/Kevin Lamarque)
本記事は第1・第3水曜日にコラム「ソロモンの指輪〜『本能と進化』から考える」を書いている蟹分解さんによる番外編です。

 

5月24日、ドナルド・トランプ米大統領は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に、6月12日にシンガポールで行う予定だった米朝首脳会談を見送る旨を記した書簡を送達した。

トランプ大統領が金委員長に宛てて送達した書簡(写真:ロイター)

この書簡の構造とは?

公表された書簡をみると、そこには様々な内容が混ぜ合わさっている。好意を示すフレーズ、敵意を示すフレーズ、客観的に情報を伝えるフレーズがブレンドされているのだ。

次ページどのようなフレーズがあるのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT