米朝会談「中止書簡」は極めて自然な交渉術だ

書簡に込められたメッセージとは?

米朝首脳会談をキャンセル。トランプ流交渉術の行方やいかに(写真:REUTERS/Kevin Lamarque)
本記事は第1・第3水曜日にコラム「ソロモンの指輪〜『本能と進化』から考える」を書いている蟹分解さんによる番外編です。

 

5月24日、ドナルド・トランプ米大統領は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に、6月12日にシンガポールで行う予定だった米朝首脳会談を見送る旨を記した書簡を送達した。

トランプ大統領が金委員長に宛てて送達した書簡(写真:ロイター)

この書簡の構造とは?

公表された書簡をみると、そこには様々な内容が混ぜ合わさっている。好意を示すフレーズ、敵意を示すフレーズ、客観的に情報を伝えるフレーズがブレンドされているのだ。

次ページどのようなフレーズがあるのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。