米朝会談「中止書簡」は極めて自然な交渉術だ

書簡に込められたメッセージとは?

米朝首脳会談をキャンセル。トランプ流交渉術の行方やいかに(写真:REUTERS/Kevin Lamarque)
本記事は第1・第3水曜日にコラム「ソロモンの指輪〜『本能と進化』から考える」を書いている蟹分解さんによる番外編です。

 

5月24日、ドナルド・トランプ米大統領は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に、6月12日にシンガポールで行う予定だった米朝首脳会談を見送る旨を記した書簡を送達した。

トランプ大統領が金委員長に宛てて送達した書簡(写真:ロイター)

この書簡の構造とは?

公表された書簡をみると、そこには様々な内容が混ぜ合わさっている。好意を示すフレーズ、敵意を示すフレーズ、客観的に情報を伝えるフレーズがブレンドされているのだ。

次ページどのようなフレーズがあるのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT