41歳で全て失ったライターが遂げた超復活劇

仕事がなくなる中での活路はネットにあった

「放送作家の仕事って文字は書くんですけど、どこかで発表されるわけではないし、タレントに無視されてしまうことも多い。空気中に溶けてなくなってしまうような仕事なんですよね。いつも『これはやりたくてやってる仕事じゃない。食うためにやっている仕事だ』って思っていました。

しっかりと形として残る文章を作っている妻をうらやましいなと思って見ていました。しかし自分にはもうライターの道はないな、ってあきらめかけていました」

そんなある日、ツイッターを見ていると、NTTレゾナントが運営する「gooいまトピ」というウェブ媒体の公式アカウントが、

「新しいライターを募集しようかな」

とつぶやいているのが、バンッと目に飛び込んできた。ダイレクトメールで「東京に行くから、とにかく会ってほしい」と伝えた。

「このチャンスを逃したくないと思って『これこれこういうことが書けます』と必死に売り込みました」

編集部からは「とりあえず何本か書いてください」と言われた。

原稿料はネットの相場価格だった。もちろんそれだけで食べていける額ではないが、久しぶりにライターとして仕事をしておカネを稼げたことがうれしかった。

「それが2016年だから、非常に最近です。僕はライター歴が長いんですけど、東京から大阪に帰ってきて10年間、休止していたんですね」

ウェブメディアと雑誌媒体の違い

初めてウェブメディアでライターをして、雑誌とはかなり違うなと気づいた。

吉村さんが仕事をしている媒体は編集を通さずに、自分で取材対象を決め自分で取材をすることが多い。写真も多くの場合はライター自らが撮る。

SEO対策(広く露出するための対策)を考えたり、記事がアップされた後ライター自らがページビュー(PV)を稼ぐように動いたりといった“攻めの姿勢”もウェブメディアならではだ。

つまり全部自分でやるのだ。

それは吉村さんの性に合った。

「それってまさに子どもの時やりたかった仕事だって思ったんです。小学校の頃、コツコツと1人で学級新聞を作るの好きだったんですよね(笑)」

いまトピでは、街にあるおもしろいスポットや一風変わったグルメレストランを紹介したり、個性的な人物をインタビューした。まさに、ちびっこ記者だった時と同じ手法だ。

「僕がウェブでライターを始めた時には、すでにウェブ内に有名ライターがたくさんいました。ウェブのどこに自分の居場所があるだろう?と毎日悩み考え、ノートに作戦を書いていました」

吉村さんは長くテレビの仕事をやっていた。だから「テレビが後追いしたくなる」のがどういう記事なのか、知っていた。

「意図的にテレビの取材が後から入るようなネタを選んで記事にしました」

案の定、記事が出たのち、後追いでテレビの取材が入るケースが多かった。

次ページ雑誌にはない強い利点
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT