37歳、好きな「模型作り」で生きる男の稼ぎ方

中学生から始めた趣味が仕事へと繋がった

物を作る手先の技術は大事なんですが、でももっと大事なのは物を見ることなんです(筆者撮影)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第24回。

生きているみたいなティラノサウルスを

竹内しんぜんさん(37歳)は、ガレージキット(少数生産される組み立て模型)などの原型を作る造形作家だ。ゴジラなどの怪獣や、恐竜の作品を数多く製作している。

竹内しんぜんさんの作品に「ティラノサウルス:成長曲線」というシリーズがある。ティラノサウルスの一生を追いかけた作品だ。卵からはじまり、少年期、青年期を経て、死を直前に迎えた年老いたティラノサウルスまでの連作になる。

筆者は、少年期のティラノサウルスを見た時に、反射的に

「あ、これ生きているみたいだ」

と感じた。若きティラノサウルスが何かに驚いて足をヒョイと上げているポージングなのだが、自然な躍動感がありいかにも命を持っているように見えた。

この連載の一覧はこちら

がぜん、竹内さんのことが知りたくなった。

竹内さんの自宅兼工房がある、四国は香川県高松市に向かった。

お会いした竹内さんは、ふくよかでニコニコしていて、一緒にいるだけで幸せを感じさせるタイプの人だった。

「よかったら動物園に行きませんか? トラやライオンの赤ちゃんとか触ることができるんですよ!!」

と誘われた。僕も動物園は大好きなので快諾し、一緒に「しろとり動物園」に向かった。しろとり動物園は、香川県東かがわ市松原にある私設の動物園だ。ゾウ、ライオン、トラ、カバ……などさまざまな動物が飼育されている。子トラや子ライオンなどの動物と触れ合うことができるのが大きな特徴だ。

竹内さんは園内を歩きながら触れられる動物は全部触っていく。竹内さんが動物を恐れずに触っているからか、動物たちも嫌がらない。犬をハグして、トラの赤ちゃんをワシャワシャとなで、インコのくちばしを触り、豚の赤ちゃんに指をかませる。楽しそうだ。

次ページきっと、同じ動物を見ていても
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。