43歳「4つの稼ぎ方」並行する男の快活な人生

どれかがダメになっても自分の心は腐らない

デハラさんの人形はかわいいだけの作品ではない(写真:筆者提供)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第22回。

浅草のモグラグギャラリーで開催されていた、デハラユキノリさん(43歳)の新作フィギュア個展に足を運んだ。

個展のタイトルは『THE HOMELESS』。文字通りホームレスのフィギュアが所狭しと並べられている。

デハラさんの人形はかわいいだけの作品ではない。毒の成分も、グロテスクな成分も、風刺の成分も、ふんだんに含まれている。だが、それでもやっぱりかわいいし、眺めていると物欲が刺激されるのがわかる。

実際ほとんどの作品がすでに売約済みであり、人気の高さがうかがえた。デハラさんは会場にいて、お客さんと気さくに話をしている。会場がクローズした後に話を聞いた。

生い立ちは

この連載の一覧はこちら

「幼少期は高知県高知市で育ちました。街からは少し離れていて、そこそこ自然もあって、近くに小さな漁師町がある……そんなところでした」

小さい頃は、兄や兄の友人と虫をとったり、魚を釣ったりして遊んでいた。

家では、同居している祖母が絵を習っているのに付き合って一緒に水彩画を描いていた。モチーフはツバキの一輪挿しなど、子どもにしてはずいぶん渋いものだった。

「子どもの頃は両親が何をしているかよくわからなかったですね。夜中に出かけていったり……。普通の会社員ではない感じでした」

だいぶ後になって、学校の書類に親の職業を書かなければならない機会があり、なんて書けばいいの? と尋ねると

「うーん……。とりあえず金融関係って書いておきなさい」

と言われた。どうやら消費者金融的なもので生計を立てていたらしいと大人になってわかった。

小学校3年からは少し都市部のマンションに引っ越した。

「『マンションに住むんだ!』って驚きましたね。あと『信号がある!』 って。それまで住んでた町には信号ありませんでしたから」

次ページ少し変わった生徒だった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。