44歳「ホラー映画」を極める男の並外れた執念

「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」を生んだ発想

「自分が面白いと思う映画を作りたい」(筆者撮影)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第21回。

 

白石晃士氏(44歳)はホラー映画を中心に製作する映画監督だ。

『ノロイ』『口裂け女』『貞子vs伽椰子』などの劇場公開作品も評価が高いが、『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』は低予算のビデオシリーズにもかかわらず、回が重ねられるたびにナゾがナゾを呼ぶモキュメンタリー作品(ドキュメンタリー作品に見せかけたフィクション作品)として、数多くのマニアックなファンを獲得した。第1作であるFILE-01【口裂け女捕獲作戦】から5年経った今でも新作が待ち望まれている。

白石監督に、現在にいたるまでの道筋を伺った。

生まれた場所は、車の中だった

この連載の一覧はこちら

「小さい頃は福岡県の……どこに住んでたのかな? 細かい場所はよくわからないんですけど。生まれた場所は、車の中だったらしいです」

父親は自衛隊員で自衛隊の官舎に住んでいた。2人の兄と姉に次ぐ4人目の子供だった。母親は自衛隊の官舎で産気づいたがなかなか救急車が来ない。仕方なく父親の車でかかりつけの病院まで向かった。

「病院に着くちょっと手前で出てきちゃったらしくて。父親は片手でハンドルを握ったまま、片手で私を落っこちないように支えたらしいです。車は血が飛び散って大変だったそうです」

しばらくは自衛隊の官舎で生活していたが、炭鉱町の小さな長屋に引っ越した。

次ページ白石監督の子供時代
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。