38歳、大阪で「魔女を名乗る男」の非凡な人生

ライブハウスなど運営する実業家の商才

男性“魔女”のB・カシワギさんがオーナーの「銀孔雀」の店内(筆者撮影)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第13回。

どれも怪しげだけれども…

この連載の一覧はこちら

大阪に少しだけ話題になっている“魔女の店”があると聞いて足を運んでみた。

若者の街、アメリカ村の中心にある三角公園の隣の雑居ビル5階に「銀孔雀」はある。店内は想像していたより明るくて、清潔な雰囲気。店内の至る所に商品が並んでいる。さまざまな願いをかなえるキット、魔女のほうき、魔法の杖、動物の頭骨、重厚そうな洋書の数々、宝石など装飾品、ろうそく、香水、などなどだ。

どれも怪しげだけれど、だからこそ魅力的だ。思わず時間を忘れて見入ってしまう。同じように真剣な顔でグッズを選んでいるお客さんもいた。

その店の奥には、かなり大柄な男性が座っていた。色とりどりの奇抜な髪型と服装が、店の店の雰囲気とマッチしている。

彼が「銀孔雀」のオーナーであるB・カシワギさん(38)だ。彼は、男性だが“魔女”なのだという。そして、このお店以外にも、4店舗の店を経営する実業家でもある。

ちょっと頭が混乱してきたが、とりあえず彼が魔女になり、魔女の店「銀孔雀」を作るに至った経緯を聞いた。

B・カシワギさんは、大阪の岸和田市生まれ。末っ子で、甘やかされて育ったという。両親は学習塾を経営しているので、小さな頃から勉強はよくできる子だった。ただ太っていたので、運動はあまり得意ではなかった。

「運動ができないという劣等感と、勉強ができるという優越感が両方ありました。子どもの頃って足が速い子がモテるじゃないですか。勉強ができる子は、スゴイって言われるけど1番のヒーローじゃない。つねに二番手なんですよね。そこで人格が形成されたと思います」

次ページ二番手にあこがれて
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。