41歳で全て失ったライターが遂げた超復活劇

仕事がなくなる中での活路はネットにあった

いったん何もかも失ってどん底まで落ちた41歳の男性が、人気フリーライターに復活できた理由とは?(筆者撮影)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第45回。

吉村智樹さん(53)は京都在住のライターである。かつては関西版『VOW』3部作『VOWやねん!』『VOWでんがな』『VOWやもん!』(宝島社)を大ヒットさせたことで知られている。

この連載の一覧はこちら

現在は「いまトピ」「メシ通」「TRiP EDiTOR」「SUUMOタウン」などのウェブメディアを中心に、精力的に記事を書いている。

実際に現地に足を運び取材をして描く、綿密で明るいルポが人気だ。テーマは“少し変な場所”“楽しい人”“街グルメ”など多岐にわたっている。

ここ数年の活躍はめざましく“ウェブメディアで活躍するおもしろいライター”として注目されている。

雑誌媒体の衰退で苦労しているライターも多い

近年では、雑誌媒体の衰退の影響で筆を折るライターも少なくない。特に40歳を超えたライターが、立ち回りに苦労しているという話もよく耳にする。

吉村さんはなぜ50代を超えてバリバリとライター仕事を開拓していけるのか?

人生を振り返りながら話を聞いた。

「生まれは長崎県の平戸市でした。父親の転勤で大阪に来たのが3歳の時です。ちょうど大阪万博が始まる前の宅地造成ブームでした。『筍山を全部潰して団地を造ります』と言っていたのを子ども心に覚えています。その時作られた寝屋川市郊外の団地に住むことになりました」

小学校時代は“雑誌っ子”だったという。『テレビランド』(徳間書店)という子ども向けの雑誌がお気に入りだった。

「類似誌では先行して『テレビマガジン』(講談社)があったんです。子ども心にもテレビランドはテレビマガジンに比べて予算がないのがわかりました。苦肉の策で、編集さん同士の内輪受けみたいなのでページを埋めていて、その感じが好きでした」

次ページ小学生の頃の取材方法は現在も使っている
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。