岩手17歳バレー部員は「遺書」に何を書いたか

遺族と調書も明かす「行き過ぎた指導」の実態

男子バレーボール部員が自死した岩手県立不来方(こずかた)高校。いったい何が起きたのか(写真:筆者提供)

バレーボールU18代表候補に選ばれるほどの才能を持った生徒が、なぜ命を絶たなければならなかったのか――。

岩手県立不来方高校(紫波郡矢巾町)の男子バレーボール部に所属していた3年生の生徒が、7月3日に自死した。そのわずか半年前には春高バレーに出場。中学では日本選抜(12人)入りし、この3月には高校日本選抜を決める最終合宿まで残るほどの逸材だった。

筆者はこれまで、大阪市立桜宮高校バスケットボール部で起きた体罰による自死など、間違った指導が未成年の自死につながった事件について取材をしてきたが、今回の事件には違和感をもたざるをえない部分が多くある。

息子を失った両親に連絡を取ると、息子に対してきつい指導をしたとされるバレーボール部の顧問(41)、また岩手県教育委員会に対して、提訴する準備もあるという。

さらに10月13日、スポーツ庁と文部科学大臣宛てに、両親がパワハラ根絶対策の全国的な点検を懇願する面談を求める文書をすでに提出したこともわかった。筆者の取材に応じた両親と担当弁護士が今、訴えたいことは何か。

自宅での様子はいつもとなんら変わらなかった

「朝起きてこないので、部屋に起こしに行ったら……。もう亡くなっているとわかっていましたが、救急車を呼びました。とにかく何が起こったのか、すぐにはのみ込めなくて……」

母親は嗚咽しつつも、その朝のことを振り返ってくれた。

母親はすぐさま、単身赴任中だった生徒の父親に電話をした。そして次に知らせたのは、いま提訴を考えているバレー部の顧問だった。母親は顧問とは子どもの部活のことで頻繁に連絡を取り合う関係だったのだ。

「なぜこんなことになってしまったのか、まったく見当もつきませんでした」

次ページ見つかった遺書には…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。