自殺したい中学生を救った大人たちの「言葉」

「若者の死因1位が自死」という日本の現実

身近に「なりたい大人」がひとりいれば(写真:AH86 / PIXTA)

※前回記事:繰り返される「女の子2人で自殺」の背景

5月31日に厚生労働省が発表した自殺対策白書によると、2015年の自殺者数は2万4025人と過去10年で最少になった。4年連続で3万人を下回り、特に中高年男性の自殺が大きく減っているという。

景気回復に加え、自殺死亡率全国ワーストだった秋田県が2014年、相談事業を強化して19年ぶりに返上(2位)するなど、大人の自殺予防対策の効果が表れているのだ。

その一方で、子どもの自殺は増え続けている。

中高生の自殺死亡率が増える日本

今年4月「改正自殺対策基本法」の施行がスタートした。実に10年ぶりに改正された主な点は「子どもの自殺対策」だ。学校は保護者や地域と連携し、児童・生徒のこころの健康を保つ教育や啓発活動を行うことなどが新たに盛り込まれた。

このような子どもの自殺対策が強化された背景には、子どもの自殺が減らない実態が横たわる。日本の年間自殺死亡率は減少傾向なのに、年齢階級別で唯一増えているのが中高生たちだ。

高校生以下は毎年300人前後が自死しており、若年層の自殺死亡率は先進国の中で最も高い。先進他国では若年層の死因トップは「不慮の事故」が多いなか、日本の死因1位は自殺なのだ。

私たち大人はどう向き合えばいいのだろうか。

次ページある女子生徒の場合
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。