就活用語「赤べこ」の意味を知っていますか?

「神に近づく」「握手会」…新トレンド基礎知識

就活用語に「赤べこ」という言葉が登場。その意味は? (写真:S&Y / PIXTA)

「インスタ映え」「忖度(そんたく)」と言えば、昨年のユーキャン新語・流行語大賞で年間大賞を受賞した言葉だ。今では老若男女を問わず、日常的に使われるほど、当たり前の言葉になっている。もちろん、流行語の中にはあっという間に使い古されてしまう言葉も少なくないが、その年の単なる流行(はやり)だけでなく、時代の雰囲気やトレンドがなんとなくイメージできて面白い。

「就職四季報」特設サイトはこちら

それと同じように就職活動においても、学生の間で使われる流行の言葉がある。「ガクチカ」、「ES(エントリーシート)」といった毎年使われる定番ワードから、「NNT」「終活」などの新語まで、バリエーションは多い。

マイナビが今年の7月に行った就活生向けのモニター調査の中で、「あなたの周りで流行った就活用語」を聞いている。それを元に作成したのが「あなたの周りで流行った『就活用語』ランキング」だ。上位に入った就活用語や、新しく登場した言葉から、背景にある就活生の心理や社会環境を読み解いてみたい。

「ガクチカ」がついにトップに

1位の「ガクチカ」(学生時代に力を入れて取り組んだこと)や、4位の「ES」(エントリーシート)は、就活用語としては、もはや定番中の定番。しかし、ガクチカが年を追うごとに順位を上げ、今年は去年の4位からついにトップに躍り出た。ガクチカは、自己PRや志望動機に並ぶ、“就活における3大テーマ”の1つ。応募書類や面接で必ず聞かれる質問だ。

次ページ「オワハラ」を迫る企業は減ったか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT