お金がない文系50代でも「医者」になれる方法

社会人は「面接」と「小論文」が有利

文系の40~50代の会社員でも、今から 「医者になれる」方法がある?(写真:Satoshi KOHNO / PIXTA)
東大卒業生よりも平均収入が高く、定年もなく、そして多くの人を苦しみから救える仕事――「医師」。そんな医師に、貯金わずかの50代文系会社員でも、今から(多少の努力と頑張りで)なれるとしたら、あなたも挑んでみたくはならないだろうか? 500人超の東大生、2000人超の医学部生を生んだ、元・駿台カリスマ講師らが上梓した『偏差値24でも、中高年でも、お金がなくても、今から医者になれる法』(KADOKAWA)の著者が“社会人でも医師になれる方法”を解説する。

なぜ、会社員こそが医師を目指すべき時代なのか?

昨今、医療にAI(人工知能)導入が進み、人生100年の時代が近いといわれます。結果、これから日本(や中国など)にやってくるのが「超高齢化」社会であり、かつてないほど「医師の数」が不足する世界です。

ですから、実は今こそ、普通の会社員をはじめ、多くの人が医師になれる大チャンスの時代なのです。

そして、あなたが学生時代に成績が悪くて“偏差値が24”だったとしても、あなたがすでに“いい歳”であるとしても、“経済的に余裕がない人”であるとしても、医師になる方法は、今やいくらでもある時代になりました。

センター試験さえクリアすれば、あとは面接と小論文(ともに、社会人経験者は有利です)だけで医師になれる医学部があることを、あなたはご存じでしょうか? あるいは、医師が足りない地方での何年かの勤務さえ約束すれば、学費を全額免除される医学部があることをご存じでしょうか? また、医学部合格者の9割が、そのまま医師になる事実をご存じでしょうか?

私(予備校講師)のところには毎日、数多くの生徒が、いろいろな相談を持ちかけてきます。

私は特に「医学部受験クラス」を数多く受け持っていたので、(私の担当科目である化学に関する質問だけでなく)医学部受験全般に関しての質問・相談が非常に多く寄せられてきました。

「今の私のこんな学力でも医学部に入れますか?」

「私立大学の医学部に受かっても、親に“授業料を払って”と言えそうにないのですが……」

「医学部の受験では、私の年齢は不利ですよね?」

そういった相談を受けたときは決まって、「やりようによってはクリアできますよ。一緒に考えていきましょう!」と私は答えていました。間違っても「それは難しいな。医学部受験は考え直したほうがいいよ」などと言うことはありません。どんな障壁も「やり方さえ知っていれば」必ず乗り越えられるのが医学部受験だからです。

次ページ年齢の壁を壊す
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。