お金がない文系50代でも「医者」になれる方法

社会人は「面接」と「小論文」が有利

・部活のやりすぎで偏差値が30以下だった男子

・会社勤めのアラフォー女性

・母子家庭で世帯年収が低い家庭に育った女子

など、実にさまざまな境遇の生徒達が合格を手にしてきました。彼ら彼女らは皆、「年齢の壁」「お金の壁」「学力の壁」を一つひとつ壊していったのです。

確かに、社会人の方の中には、自分の学力以外にも、ご自身の年齢に関して、はなからあきらめているような方がかなりいらっしゃいます。

でも、医学部受験における私の結論は、「年齢は関係ない」、です。

私の友人で、医学部の進路指導を20年以上しているベテラン職員さんも、「年齢に関しては、いろいろなウワサが飛び交っているけど、筆記試験と面接のできがよかったにもかかわらず、“年齢”という理由で落とされたケースは、これまで見たことがない」と話していました。

つまり、医学部を受験しようかと考えはじめたのならば、年齢のことは一切気にしないで良いということです。それは40代、50代でも、です。それは、私の多くの生徒たちが証明してくれています。少し、安心しましたか?

お金の壁を壊す

医学部の学費については、ご存じでしょうか?

学費の平均は、国公立大の場合は約350万円で、私立大のほうは約3000万円となります。

国公立大と私立大ではゼロの数が1個違いますね。

これをお伝えした瞬間に、「私立は絶対ムリだぁ。でも、国公立にいけるほど私、成績よくないし……。やっぱり医学部はあきらめるしかないのかな……」と思ってしまう人が必ず出てきてしまうでしょう。

でも、ちょっと待ってください。もし、この学費をゼロ円にできるとしたら、医学部受験に挑んでみたくはなりませんか?

「そんなこと、できるわけないだろう。ゼロ円なんてありえない!」――そう思う方がいるのも当然です。でも、実際に私の元教え子で、今現在、学費ゼロ円で私立大医学部に通っている方がいます。これは、ある方法を使って学費をゼロ円にしているのです。

経済的に苦しい方でも、ある条件さえクリアすれば、学費ゼロ円で医学部に通えてしまうのです。これはうそっぱちでも夢物語でもありません。

結論から言うと、学費免除&奨学金の利用、この2つを組み合わせることで、たとえ私立大でも極端に費用を抑えることが可能なのです。

中でも、主に自治体と大学がタイアップしたような、返還が免除される「貸与型奨学金」の利用は狙い目です。

それが、「地域枠」というものでの出願になります。

これは、へき地の医師不足解消のために大学が設けている特別枠です。以下に、簡単にまとめておきます。

[目的]医学部特有の制度で、国公立大・私立大に限らず、地域の医師不足を解消するために設けられた制度。
[条件]大学卒業後に、指定された地域や科で一定の勤続年数、医療に従事すること。
[メリット]学費の一部または全額が貸与され、指定された年数を勤め終えれば、返還の義務がなくなる。
次ページ「地域医療」に興味がある人には、うってつけの受験枠
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。