犬塚 壮志(いぬつか まさし) Masashi Inutsuka
ワークショップ共同代表

福岡県久留米市出身。元駿台予備学校化学科講師。一般社団法人人工知能学会会員。大学在学中から受験指導に従事し、業界最難関といわれている駿台予備学校の採用試験に25歳の若さで合格(当時、最年少)。駿台予備学校時代に開発した講座は、開講初年度で申し込み当日に即日満員御礼となり、キャンセル待ちが出るほどの大盛況ぶり。大学受験予備校業界でトップクラスのクオリティを誇る同校の講義用テキストや模試の執筆、カリキュラム作成にも携わる。現在は東京大学大学院で学習環境をテーマとした研究を行う。『定期テスト対策 化学[理論編]の点数が面白いほどとれる本』(KADOKAWA)、『国公立標準問題集 CanPass 化学基礎+化学』(駿台文庫)、『東大院生が開発! 頭のいい説明は型で決まる』(PHP研究所)などの著書がある。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。