「話がつまらない人」は説明の"型"を知らない 「ウケ狙いしているのがイタい」と思われないために

拡大
縮小
(写真:YUJI/PIXTA)
「話がつまらない人」というレッテルを貼られると、気がつかないうちに、せっかくのビジネスチャンスを逃す可能性がある一方、「話が面白い人」と思われると、活躍の舞台はどんどん広がっていきます。
ただし、「話が面白い=笑いがとれる」というわけではありません。元・カリスマ予備校講師の犬塚壮志氏によれば、人気講師になればなるほど、笑いをとりにいったり、ウケを狙ったりしないのに、話は抜群に面白いと言います。犬塚氏の新著『「よい説明」には型がある。』から面白く話すコツについて紹介します。

ネタは面白いのに伝わってこない

「もったいない……」

ある著名な方の講演会に参加したときに口にしてしまったことです。その方の話は、聞いている間は眠くなってしまって、何も頭に入ってきませんでした。ところが、わずかに取っていたメモを念のため見返してみると、話の内容そのものはとても面白いと感じたのです。だからこそ「もったいない……」と、つい声が漏れてしまったのです。

現在、私は、教育コンテンツ・プロデューサーという肩書で、企業向けの研修講師として経営者やビジネスパーソンの話し方の指導を行っています。

そういった仕事の中で、実際に人の説明や話を見聞きしていると、中身に当たる素材(ネタ)は濃密なのに、内容がまったく頭に入ってこないことがあります。伝わってこないのです。いわゆる「つまらない」と感じてしまう話です。

実は、この原因はたった1つ。それは、聞き手が興味を持ってくれていないから。人は興味がない話は「つまらない」と感じてしまうのです。「笑い」の要素がないからではありません。

どんなに一生懸命に話しても、相手に1ミリでも興味を持ってもらえなかったら、そこでおしまいです。相手はその話を聞き流す、もしくは、すぐに忘れてしまいます。この結果が「話が伝わらない」を生んでしまうのです。

コミュニケーションにおいて「話が相手に伝わらない」ということは、価値が伝わらなかったこととイコールになってしまう。そればかりか、聞き手に「時間を無駄にした」と感じさせてしまって、マイナスのイメージをもたれてしまう要因にもなりかねません。場合によっては、大きなチャンスを失ってしまうこともあるのです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT