「クビ寸前」から逆転した僕が学んだ信頼の本質

「また会いたくなる人」だけが持つ決定的視点

話し方を変えただけでクビ寸前から、年収1800万円の人気NO.1予備校講師へ。味方を増やす話し方のコツとは?(写真:EKAKI/PIXTA)
一生懸命に話しているのに、相手が全然振り向いてくれない……。そんな経験はありませんか? クビ寸前から、年収1800万円の人気NO.1予備校講師へ。話し方を変えただけで人生が激変したという犬塚壮志氏によると、話すときに心掛けるべきポイントが2つあると言います。犬塚氏の新著『人気NO.1予備校講師が実践!「また会いたい」と思われる話し方』から、人間関係を円滑にし、味方を増やす話し方のコツを紹介します。

クビ寸前から年収1800万円へ。大逆転を生んだ気づき

現在私は、社会人向けセミナーや企業研修を開発・実施する教育コンテンツのプロデュース業などを行っています。その傍ら、東京大学大学院では認知心理学をベースにした「対話」に関する研究もしています。

私が「また会いたいと思われる人」と「二度と会いたくないと思われる人」の決定的な違いを発見したのは、前職の予備校講師時代でした。

予備校業界は、いわゆる人気商売です。生徒から支持を集め、自分の講義に出席する受講生が増えれば増えるほど評価も年収も上がっていきます。人気があれば、入社3年程度でも年収1000万円を超えるという世界です。

予備校講師になったばかりの私は、生徒たちから人気を得たい。自分を選んでもらいたい。会社からの評価を上げたい。お金も稼ぎたい。そう意気込んでいました。ところが、なぜかまったくうまくいきません。

入社1年目。初回講義で40人ほど出席していた生徒が、一学期の授業が終わる頃には5人になっていました。これは業界用語で「授業を切る」と言われるものです。私は生徒たちから「もう会わなくてもいいや」と思われたのです。

駿台予備学校に勤務して3年目を迎える時点で、夏期講習や冬期講習という季節講習会での私の講座の売り上げは年間で80万円ほど。完全に赤字の不人気講師です。

しかも、予備校講師は通常1年間の契約で、生徒の支持もなく、業績が振るわない場合、即契約解除になってしまうこともある実力社会。駿台は、業界の中では比較的、講師に対して長い目で見てくれる組織ではありましたが、丸2年、結果を出せていない私は瀬戸際に追い込まれました

結果を先に明かしてしまうと、私は悪戦苦闘を繰り返しながらも、どうにか売り上げを伸ばしていきました。最終的に、駿台予備学校を退職する10年目には私の年収は1800万円ほどまで上がっていたのです。また、大学受験の化学を教える予備校講師の中で、季節講習会の受講者数が年間でのべ5000人となり、当時の業界トップの数字を出すに至りました

クビ寸前まで追い込まれていた私が、ここまで持ち直すことができたのは、まさに、話し方を徹底的に磨き上げ、生徒たちから「また会いたい」と思ってもらえる「ある話し方」を身につけたからです。

次ページ成否を分ける最大の分岐点
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT