明石家さんま、高校で突然人気者になったワケ

素人なのに「好きな芸能人」にもランクイン

明石家さんまの高校時代の恩師・乾井實氏に、当時のさんまの破天荒ぶりを教えてもらいました(写真:共同通信) 
「いまだにテレビで見ない日はない「国民的芸人」の明石家さんま。そんな稀代の芸人にほれ込み、自らを「明石家さんま研究家」と名乗るのがライターのエムカク氏が、本人の証言と膨大な資料とともにさんまの誕生からスターになるまでの経緯をたどった『明石家さんまヒストリー1 1955~1981「明石家さんま」の誕生』が発売された。
今回はその中から、高校時代の運動会での破天荒なパフォーマンスを紹介する。

ある日、他校の強い連中がやってきて…

杉本高文(明石家さんま)は奈良商業高校(以下、奈良商)のヒーローだった。

ある日の放課後、奈良商の校門前が騒然となる事件が起きる。以前、奈良商の生徒が京都の高校の生徒と電車内でもめ事を起こしたことがあり、その京都の生徒がとてつもなく厳(いか)つい顔をした男たちを引き連れ、乗り込んできたのだ。

高文はそんなことが起こっているとはまったく知らずに、教室で友人たちとしゃべっていると、サッカー部の後輩が引きつった形相で教室に入ってきた。

「杉本先輩! 殴り込みです! 京都の高校の連中が滝先輩を探してるんです! ちょっと来てください!」。高文はあまりに唐突な申し出に、さっぱり事情が飲み込めなかったが、導かれるまま、後輩の後について行った。

廊下に出ると、生徒たちが窓から校門のほうをのぞき、騒いでいた。高文が校門に目をやると、そこには見たことのない制服を着た連中がたむろし、奈良商の生徒の襟首をつかんで何やら叫んでいた。高文は、なんとなく状況をつかむことができた。そして、「なんで俺が行かなアカンねん、俺関係ないやん」という思いがすぐに湧き上がってきたが、後輩に頼まれた手前、断ることもできず、校門へと向かった。

高文は校舎の階段を降りながら、イメージトレーニングを始めていた。「たぶん、殴られるんやろなぁ。痛いやろなぁ。でも我慢しょう。手ぇ出しても絶対やられるし、絶対抵抗せんとこう。そのうち誰か助けに来るやろう。冷静に冷静に」。

高文が校舎を出て、恐る恐る校門に向かって足を踏み出すと、あちらこちらから、「おぉ! 杉本や!」「杉本君よ!」「杉本先輩よ!」という声が聞こえてきた。その声に反応した男たちが、校門から高文をにらみつけた。

「もう逃げられへん。ボコボコや。俺の人生終わりや」。高文は心の中でそうつぶやきながら、校門へ向かって歩き出した。

「お前、誰や!」。眉毛を剃り落とした男が高文をにらみながら怒鳴りつけた。

「……杉本いうもんやけど」と高文は冷静を装った声で答えた。

「杉本?」

男たちが何やら相談を始めた。そして、高文に向かって言った。

「杉本ってお前、やーちゃんの知り合いの杉本かいなぁ」
「やーちゃんって、吉田のやーちゃんのことか?」
「おぉ」
「……まあ、知り合いやけど」

高文は鼻をかきながら、精いっぱい、落ち着き払った口調で答えた。

次ページ吉田のやーちゃんとは一体…!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT